内勤営業から特養の介護職へ|S.O. さん(34歳・女性)の転職成功事例

S.O. さん(34歳・女性)埼玉県 介護職(ヘルパー)

職務経歴

私はこんな介護職(ヘルパー)です

前職では旅行代理店向けに営業を行う部署で、内勤営業として手配業務に従事していました。担当は海外と国内問わず、個人の出張・旅行に伴う航空券手配や、社員旅行などの団体航空券の手配を行っていました。航空券の手配・変更・発券に関わる業務だけではなく、1日約200件のメールと電話対応、顧客からの荷物集荷状況やチェックイン時間など国際線、国内線限らず様々な問い合わせへの対応していました。変わらない毎日を送っていましたが、ストレスもなく一定の給与がもらえたので不満はほとんどなかったというが正直なところです。

現在は、特別養護老人ホームで介護職として働いています。入居者の方を身体的、精神的な側面から支援しています。食事の準備や介助、排泄・入浴介助などの身体的介助だけではなく、入居者の方の心の相手として話し相手になって、不安を少しでも軽減できるような生活環境作りに取り組んでいます。

また、介護職では年齢が一回り以上、上の先輩や上司が大半なので、相手のカルチャーを率先して理解する事に努め、良好な関係を築けるよう気をつけています。介護職になったのは、ちょうど2年前です。母親の介護をきっかけに興味を持ち、実際に介護職の人が現場でどのような働き方をしているのか知りたくなって、老人ホームへ週末ボランティアに行きました。

3ヶ月くらいボランティアとして働きましたが、手助けした分だけ「ありがとう」を貰える仕事は他にはないと思い、もっと介護の技術を極めたいと思いました。人の役に立つことがこんなにも素晴らしいことなんだ、と感じた瞬間は今でも覚えています。

一人ひとりと向き合うこと。それを人一倍気をつけます
介護を通して大事なことは、一人ひとりの変化に気づいたり、それぞれ違った気配りをしたりすることがとても大切だと思います。それは、価値観が違うからです。生まれてから今までの歴史や思い出、人生経験など人それぞれです。極端な例ですがAさんが嬉しいことが、Bさんにとっては嫌なことかもしれません。だから一人ひとりと向きあうことを誰よりも気にします。

介護職への一歩

どんなことがきっかけで介護の仕事を始めようと思ったのですか?

母親の介護がきっかけです

母親が股関節の手術をして、その後足腰を痛めて3ヶ月ほど車椅子生活になった時です。ゆくゆくは、母を介護しなければならないと感じたことをきっかけに、介護の仕事に興味を持ちました。その後、週末だけ、老人ホームのボランティアとして、介護の仕事とは何かを勉強するため3ヶ月ほど通いました。

以前から介護に興味はありましたか?

母親の介護がなければ、今の仕事はしていないかも

献身的に人の役に立ちたいと思ったのももちろんですが、過去に十分に母親を介護できなかった経験が一番大きいかも知れません。

介護の仕事をしてから、どのような印象を持ちましたか?

利用者から感謝されるとストレスが減ります

おじいちゃん、おばあちゃんに「ありがとう」の言葉を貰うと元気になれるので自分にはあっている仕事かなと思います。ただ、夜勤は大変です。今の施設では大体月4~5回あるのですが、ごくまれに他の介護スタッフが体調不良や休みで遅番・夜勤明けをローテーションしなければならない時は、体力が削られます。

今後の目標を教えてください

質が高い介護とは何かを考えて、おじいちゃん、おばあちゃんに向き合いたいです

介護は、対人の仕事であること。不自由で苦痛を抱えている人、困っている人をどうしたら笑顔に出来るか、介護を通して考えたいと思います。また、それらを次世代の介護職に伝えたいです。今、介護福祉士になるために勉強しているので、介護職としてさらに技術を磨きたいです。

職務経歴概略

私のざっくり変遷記

2005年4月~2012年6月 旅行代理店での営業事務・補助

  • 国際、国内航空券の手配、変更、発券
  • 支店とのやり取り(1日約200件のメール・電話対応)
  • 顧客からの問い合わせ対応
  • 現金の管理や支店への郵送物発送、カード決済の処理等

2012年7月~2013年5月 母親の介護

母親の介護を理由に退職。

2014年8月~2015年4月 週末ボランティア、介護職員初任者研修資格取得

老人ホームへ週末ボランティア。ニッソーネットの資格取得制度を知る。就職活動をしながら、資格取得の勉強に励む。

2015年6月~ 特別養護老人ホーム 介護職(ヘルパー)

利用者の食事介助、排泄介助、移乗介助、入浴介助。

インタビュー実施日:2016年12月11日

注意

当サイトはユーザー様の善意の書き込みによって成立しているサイトです。しかし口コミの中には意図しない内容が投稿される場合がある点を、予めご理解いただきますようお願い申し上げます。サイトに投稿された情報は必ずしも正確であるとは限りませんので、自己の責任と判断でご利用ください。なお、投稿頂いた内容に、主観的・感情的な表現、もしくは個人を誹謗中傷するような表現がある場合、運営側で掲載可否を判断させて頂きますのでご了承ください。