認知症の男性から暴力・セクハラが深刻。上司に訴えても無視『#介護職辞めたの私だ』

認知症の男性から暴力・セクハラが深刻。上司に訴えても無視『#介護職辞めたの私だ』

「介護職を辞めたい」が生まれた瞬間

3ヵ月1回行われる上司との個別面談中に、それは起こった

ワタシ『最近、入所されたAさんですが、昨日いきなり背後から抱きつかれて、胸を触られました。一度ならまだしも、介助するたびにセクハラや暴力まがいのことをされます。〇〇さん(上司)からも注意して頂きたいです。』

上司(40代男性)『で?それが最近悩んでることなの?』

ワタシ『えっ!?そうですけど・・・。他の方がいるときに性的な質問もされるので、正直精神的に辛いです。Aさんのご家族にも一度相談して頂けませんか。』

上司(40代男性)『俺、今時間なくて忙しいからなぁ~。それが嫌なら辞めてくれる?介護施設なんで、どうせ人がすぐ辞めていくんだから、働き口はたくさんあるでしょ?』

他にはこんな悩みも・・・

私の悩みや愚痴を聞いてください

セクハラ・暴言を浴びせられたり、嫌味をねちねち言われたり

私は介護福祉士として5年間介護付き有料老人ホームで働いているが、介護職を辞めたいと思っている。だましだましで5年間続けてきたけれども、体力的にも精神的にも擦り減ってしまい、ついに疲れ果て限界がきているのを感じる。介護の仕事は主に施設に入居している利用者の食事や入浴、排泄などの介助がある。

また、利用者についての書類作成や、利用者の家族との相談も業務のひとつだ。だいたいのことは乗り越えられたが、今でも、認知症の人に苛立ちを感じることがある。どんなに認知症についての知識があっても、利用者が言いたいことや伝えたいことがつかめず、コミュニケーションをとりにくい場面も多い。暴言を浴びせられたり、嫌味をねちねち言われたりすることもしょっちゅうだ。

そのたびに私は傷ついてしまい、利用者に優しく対応できない時もあり、介護の難しさや辛さを感じざるを得ない。また、病気のせいで暴力をふるってくる人もいて、辛く悲しい気持ちになる。大柄な男性の身体介助を行っていた際に叩かれたり蹴られたりしたのはとても怖くて涙が止まらなかった。

暴力だけではなく、利用者からセクハラに遭うこともある。挨拶代わりに胸を触られ、不快な質問を投げかけられた。辛かったので何度も上司に相談したが、病気のせいだからある程度のことは仕方がない、と取り合ってもらえなかった。

人気記事『e介護転職』や『介護求人ナビ』より便利な転職サイト厳選5社

人気記事ブラックな介護施設を抜け出すには、どの転職サイトを使うべき?

事故を起こしてはならないという重圧感で体力的にも精神的にも限界

今はセクハラをする人には男性職員がつくことになっているが、ただでさえ少ない男性職員がみんな辞めてしまったらどうしようかと不安だ。うちの職場は激務なのか職員が長く続かない。そのため2年目でベテランスタッフ扱いされて、OJTや会議で指導的立場を任されることが増え、それがとてもプレッシャーだった。自分が質問したい立場なのに、人に仕事を教えなければならないのでずっと余裕がなかったように思う。

また、勤務中も入りたての職員をフォローしなければならないことが多い。私の職場はフロア制で2人で20人の寝たきりの人の介助を行うが、慣れてない人が同じ勤務日の場合、いつもの何倍も動かないとすべての利用者の介助を終えられず、フォローしながらも利用者の命にかかわる事故を起こしてはならないという重圧感で体力的にも精神的にも限界だった。そんな中、最近利用者を転倒させてけがを負わせてしまい、張り詰めていた糸のようなものが切れ、介護職を辞めたいと強く意識するようになった。

人手不足で生活が不規則に

勤務体系がシフト制のため、生活が不規則になることも体に負担が掛かっている要因だ。カレンダー通りの休みの友達とはなかなか予定を合わせにくく、会う回数も減ったように思う。また、早番の後で残業を頼まれることもあり、日勤帯なのに12時間以上勤務していたことがあった。夜勤ばかりのシフトの月もあり体調を崩してしまうこともあるが、それでも人が少ないからと替えてもらえない。

時には人員不足で夜勤明けの次の日に出勤しないといけないことがあり、フラフラになりながら仕事に臨んでいる。有給なんかとても使える空気ではない。このような勤務上の辛さや利用者とのトラブルだけではなく、介護職員との人間関係での悩みも尽きないのだ。長く勤めているからと高圧的な態度をとってきつい言動をあびせたり、仕事でのイライラを職員に当たり散らしたりして職場の雰囲気を悪くする人も珍しくない。中にはナースコールをとらず、面倒な仕事を丸投げする職員もいる。

ボロボロになった自分のメンタルと体を思うと悲しくなる

ただでさえ利用者との間でストレスを感じることが多い仕事なのに、バックヤードでも同じような感じだと、正直に言って片時も気が休まらない。そんな迷惑な人と同じ勤務帯の日をシフト表で見つけては、落ち込んでしまう。確かに介護職にはやりがいを感じられることが多い。

しかしながら、介護職での辛さやしんどさも同じぐらいたくさんあることもまた事実なのである。ずっとずっと、仕事で他人の気持ちや願いばかりを汲んできたが、ボロボロになった自分のメンタルと体を思うと、今は自分自身のことを最も大事にするべきではないかと考える。

Request

このページにたどり着いたということは、何かしら今の仕事や職場環境に不満があるはず。あなたも愚痴や悩みを投稿して、心のモヤモヤやストレスを解消しませんか?誰にも話すことが出来ずに悩んでいるのであれば、ぜひこの機会に投稿しましょう。

一切の費用は頂きません。勧誘など迷惑になるような行為は一切しません。ご安心ください。投稿フォームはこちらです。

この方へ応援メッセージを送りませんか?

「仕事で他人の気持ちや願いばかりを汲んできたが、ボロボロになった自分のメンタルと体を思うと、今は自分自身のことを最も大事にするべきではないか」と悩む、有料老人ホームに5年勤める介護福祉士A.Y(女性)さんに、応援メッセージを送りませんか。このエピソードにどの程度共感したか、5段階評価でお願い致します。

レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

口コミを投稿する

平均点:  
 0 件のレビュー
注意

当サイトはユーザー様の善意の書き込みによって成立しているサイトです。しかし口コミの中には意図しない内容が投稿される場合がある点を、予めご理解いただきますようお願い申し上げます。サイトに投稿された情報は必ずしも正確であるとは限りませんので、自己の責任と判断でご利用ください。なお、投稿頂いた内容に、主観的・感情的な表現、もしくは個人を誹謗中傷するような表現がある場合、運営側で掲載可否を判断させて頂きますのでご了承ください。