介護職の将来設計とキャリアパス、そのお給料事情とは?

介護職の将来設計とキャリアパス、そのお給料事情とは?

まずは、資格について理解をしよう

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とは介護職の初歩となる「認定資格」に該当します。国家資格ではありません。2013年4月に発表された公的認定資格となり、旧ホームヘルパー2級に相当します。無資格・未経験の介護職であれば介護職の一歩としてスタートを切るには、研修受講を経て最低限取得しておくべき資格と考えられています。

無資格者と介護職員初任者研修では、比較すると求人数に大きな差異があります。例えば、「訪問介護」は介護保険法上、初任者研修修了以上でないと行うことが出来ません。また、3年以上の実務経験があれば「サービス提供責任者」に職種転換が出来ますが、介護報酬10%減算の対象となるため、事業所側のメリットが少なくなります。

初任者研修の修了条件としては、130時間の研修と修了筆記試験が必要となります。取得するまでに、一般的には3~4ヶ月、通信と通学で最短1ヶ月が必要となります。

介護職員実務者研修とは?

介護職員実務者研修とは介護福祉士の受験要件である認定資格です。初任者研修同様に、国家資格ではありません。実務者研修を修了すると、旧ホームヘルパー1級のスキルに相当します。介護職員実務者研修を経て幅広い介護知識と介護技術、医療的ケアの知識を身に付けることが出来て、この研修を修了していることが介護福祉士の受験必須条件となっています。

実務者研修を修了すれば、「サービス提供責任者」へ職種転換することができ、初任者研修とは違い、介護報酬の減算は適応されません。また、事業所における実務者研修修了者の人数割合が、介護報酬加算条件に含まれることがあり、事業所にとって採用メリットがあります。修了条件としては、最大450時間の研修が必要となります。

(※1)医療行為(たん吸引と経管栄養の処置)を実際に現場で実施するには、別途「実地研修」(実技演習)が必要。(無資格でも、「喀痰吸引等研修(基本研修50時間+実地研修)」を経て、修了すれば医療行為の実施が可能)

(※2)無資格だと6ヶ月間必要。旧ヘルパー・初任者研修修了・介護職員基礎研修修了など、保有する資格によって研修の一部が免除され、研修時間が異なる。また、修了試験の実施有無については養成機関によって異なる。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは介護系資格の中で唯一の国家資格です。年1回、1月に実施される試験の合格率は2017年に実施された時は72.1%でした。2016年9月末のデータですが、149万4,460名の資格保有者が存在します。初任者研修修了者や、実務者研修修了者と比較して求人数が多く、「資格手当」の給与加算があるため、介護福祉士の資格取得を目標に働く人も多いです。

介護福祉士の取得条件は次の通りです。

  • 介護実務経験3年以上+介護職員実務者研修修了+国家試験(筆記)
  • 介護福祉系高校卒業+国家試験(筆記)
  • 介護福祉士養成施設(四大・短大・専門学校で1~2年以上)卒業+国家試験(筆記)

認定介護福祉士とは?

認定介護福祉士は介護職の最上位認定資格です。2015年12月に、介護職リーダーへの指導、マネジメントや医師や看護師、栄養士など他職種との連携を目的に、介護職の最上位資格として誕生しました。研修は2016年12月から開始され、認定者は2017年3月時点で11名のみとなっています。

認定介護福祉士の認定条件は次の通りです。

  • 介護福祉士実務経験5年以上+介護職向け研修受講・レポート・試験成績など+600時間の研修

介護支援専門員(ケアマネージャー)とは?

ケアマネージャーは、都道府県が管理する公的資格です。2000年に「介護保険制度」の導入と共に誕生した。2016年10月実施試験の合格率は13.1%と低く、その合格率は年々低下しています。現在までのケアマネージャーの資格保有者数は67万人弱とされています。

介護認定を受けた要介護者やその家族からの相談に応じたり、適切な介護保険サービスが受けられるようにケアプランを作成したり、介護施設だけでなく、医療機関、市役所、保険所との連絡や調整を行うのが主な仕事です。ケアマネージャーができるのはケアプランを作成に限定され、一般的な介護職が行う身体介護や生活支援は行えないのが特徴です。

ケアマネージャーの受験要件は次の通りです。

(1)国家資格等に基づく業務、(2)生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員としての業務のうち、いずれかの実務経験5年以上

※(1)の該当資格:医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士、管理栄養士、精神保健福祉士

ケアマネージャーの取得条件は次の通りです。

  • 介護支援専門員実務研修受講試験+実務研修受講

生活相談員とは?

仕事内容としては、ケアマネジャーとの連絡窓口、施設の入所・利用手続き、入所・利用中の相談、地域との連携・調整、苦情の窓口調整など。※介護老人保健施設では「支援相談員」と呼ばれる場合があります。生活相談員の就業先は、特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービス、有料老人ホームなどです。

生活相談員の必要資格は次の通りです。

  • 社会福祉法で定められた資格:社会福祉士/精神保健福祉士/社会福祉主事任用資格
  • 自治体ごとに定められた資格:介護支援専門員(ケアマネ)/一定期間以上の介護職(計画作成)経験のある方/老人福祉施設の施設長経験者/介護福祉士

東京都を例に取ると、このような条件があります。

  • 介護支援専門員/特別養護老人ホームで介護の提供に係る計画の作成に関し1年以上(勤務日数180日以上)の実務経験
  • 老人福祉施設(デイサービス、ショート、特養、軽費老人ホームなど)で1年以上の施設長経験
  • 介護福祉士で実務経験が通算1年以上(勤務日数180日以上)

サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者とは、適切なサービスが提供されるよう調整するコーディネーターを指します。訪問介護のための利用手続き、ケアマネージャーによるケアプランに基づくサービス計画書の作成、訪問介護員への指示・指導、ケアマネージャーへの介護実績報告書作成などが主な業務内容です。

サービス提供責任者の就業先は、訪問介護事業所が挙げられます。サービス提供責任者の必要資格は、介護福祉士・実務者研修修了した方が対象となります。3年以上の実務経験があれば初任者研修を修了した方でも取得可能ですが、介護報酬は10%減算となるため、事業所としてのメリットが少なくなります。

キャリアパス全体図

役職とマネジメントについて

介護スタッフ、ユニットリーダー(フロアリーダー)、副主任、主任、施設長、エリアマネージャーの順に役職が上がっていきます。役職手当は事業所によって異なりますので、自分が描くキャリアパスによっては、事前に「どの程度の役職手当が支給されるか」チェックしたほうが良いでしょう。

介護職の役職とマネジメントについて

職種転換について

ケアマネジャーになると資格手当て(相場で2~3万円)が給与に上乗せされることから、給与アップを目的に職種転換を目指す人がいます。また、「夜勤なし」「身体的な負担軽減」を目指して、現場での介護職から相談援助業務へ職種転換を希望するケースも増えています。事業所によっては、資格取得制度が充実し、資格取得のための補助金が支給される場合もありますので、事前にチェックしましょう。

介護職の職種転換について
注意

当サイトはユーザー様の善意の書き込みによって成立しているサイトです。しかし口コミの中には意図しない内容が投稿される場合がある点を、予めご理解いただきますようお願い申し上げます。サイトに投稿された情報は必ずしも正確であるとは限りませんので、自己の責任と判断でご利用ください。なお、投稿頂いた内容に、主観的・感情的な表現、もしくは個人を誹謗中傷するような表現がある場合、運営側で掲載可否を判断させて頂きますのでご了承ください。