経験よりスキル?信頼?介護士が管理職・マネージャーになるための必須スキル3選

介護職の働き方を考える
マネージャーになりたい介護士
マネージャーになりたい介護士

今までは、介護現場で利用者さんの一番近くで働いてきたけれど、次は管理職・マネージャーとしてキャリアアップしたい。でも、経験がそこまで長いわけではなく、現場以外の知識なんてなにもないから、自分につとまるか不安だな・・。

介護士が次に考えるステップとして、管理職・マネージャーという選択肢があります。

管理職・マネージャーと聞くと、敷居が高く、ベテランでないとできないのではと感じるかもしれませんが、じつは介護士としての経験が絶対必要!というわけではありません。

誰にでもつとまると断言はできませんが、抑えておくべきスキルを今回はお伝えしていきます。

記事のテーマ
  1. 管理職・マネージャーは基本的なスキルがあればOK
  2. まずはメンバーを信じ、メンバーを大事にするところから
  3. 介護士では味わえないやりがいが無限大にある

質問があれば気軽にコメントください

管理職・マネージャーになるための必須スキルとは?

管理職・マネージャーになるための必須スキルとは?

介護士から管理職・マネージャーになるにあたり、事業所の運営や今後の戦略などいわゆる今までとは異なるスキルが求められますが、あくまでなってからの話であり、意識して自己研鑽していけば身についてくるものです。

3つの基本的スキルがあれば、充分に管理職・マネージャーとして活躍ができますので、お伝えしていきます。

スキル①:コミュニケーションスキル

介護現場では幅広い年齢層や、事情を抱えたメンバーが働いています。まずはメンバーひとりひとりを知ることです。メンバーを知るためにはコミュニケーションをとることが必須です。利用者さん含め、自然とコミュニケーションが取れている事業所はメンバーの満足度が高く、離職率も低いです。メンバーは「自分を理解してくれている」と安心して仕事ができるためです。

なかにはコミュニケーションが苦手という人もいますが、時間をつくって定期的な面談の機会を設けるなど、とにかく関わる時間をつくりましょう。

スキル②:セルフマネジメントスキル(自己管理能力)

管理職・マネージャーとして仕事をしていると、様々な問題に直面します。時には思い通りにならないことや、自分とはあまり関係のないと思うことにも責任を取らなければならない場面が出てきます。

そういった場面で、感情をコントロールするなど、自分を律する能力がないと、メンバーのマネジメントやリーダーシップをとることが難しくなってきます。これは介護士としても大事なスキルであり、意識することで誰でも身につけられるものなので、介護現場でも意識的に取り組んでみることをおすすめします。

スキル③:思考力(考える力)

いくら、知識や経験が豊富だとしてもそれを良い方向に活かさなければ、メンバーはついてきません。「どうすればよりよい環境でメンバーが働くことができるか」「利用者さんにいいケアを提供するには何が必要か」など、常に考えることが重要です。

忙しいからとなにも考えなくなってしまうと、良い管理職・マネージャーにはなれません。

思考力(考える力)も特別なスキルではなく、誰でも鍛えることができますので、読書などを通じて、身につけていきましょう。

参考介護施設の施設長は苦労の連続。3年経験して分かった施設長の難しさ4選

ここで一つ疑問が・・・

質問
介護士

新人、中途社員の教育担当を経て、マネージャーになる方が多いと聞きますが、教育担当をした方が良いなどありますか?

筆者
筆者

教育担当としての経験はもちろん活きてきますが、大事なのはメンバーを思いやる気持ちです。

教育が優れているから、マネージャーとして優れるわけではありませんので、教育担当を経験しなくても、自分の強みを活かしたマネージャーになれます。

質問
介護士

まったく、資格を持たない人が管理職やマネージャーになることはありますか?

筆者
筆者

あります。今は資格や経験がなくてもマネージャー候補として募集する企業も増えていますし、他業種で管理職・マネージャーを経験している人であれば、管理職・マネージャーとしていきなり採用される場合もあります。

ただ、試用期間として、最初は介護の現場に出ることが多いです。

信頼関係を構築するには?経験年数では得られないメンバーからの信頼

信頼関係を構築するには?経験年数では得られないメンバーからの信頼

メンバーから信頼される管理職・マネージャーには共通して、一貫した考えやチームを大事にする意識を持っています。自分の考えがぶれてしまう、チームのメンバーの声が聴けない管理職・マネージャーは当然うまくいきません。

これは介護の経験年数では得られない「人間力」になりますので、具体的な方法をお伝えしていきます。

方法①:とにかくコミュニケーションを大事にすること

コミュニケーションスキルにも通じてきますが、ここでは、メンバーの声を待つのではなく、自分から聴きに行くことです。メンバーは様々な悩みを持って仕事をしています。

なかには自分から言い出せずに一人で抱え込んでしまい、放っておくと「離職」に繋がってくる可能性があります。それを防ぐために、管理職・マネージャーが常にアンテナを張り巡らせておくことが必要です。そのために日々のコミュニケーションが重要となってきます。

方法②:メンバーを信頼する

メンバーから信頼されるためには、当然メンバーを信頼しなければなりません。なかには自分でやった方が仕事も早く管理しやすいと、自分一人で溜め込んでしまう管理職・マネージャーがいます。

仕事は一人ではなく、チームで行うものです。メンバーがいるから管理職・マネージャーが成立します。まずはメンバーに感謝し、「あなたならできる」と、メンバーを信じて任せることから始めていきましょう。

方法③:時には自分の弱みも見せる

管理職・マネージャーといえど生身の人間であり、完璧な人間なんて存在しません。

自分が苦手なことなどは、恥ずかしがらずにオープンにして「自分はこれが不得意だから、あなたにやって欲しいです」と素直に伝えることで、メンバーも「自分を頼ってくれている」と快く引き受けてくれるはずです。

自分の弱みを見せることで、メンバーはサポートしてくれます。そうすることで、信頼関係が深まっていきます。

管理職・マネージャーのやりがい

管理職・マネージャーのやりがい

管理職・マネージャーの仕事は神経を使って大変そうだと不安になるかもしれませんが、介護士では味わえないやりがいや成長を感じられることもたくさんあります。

どれも介護の管理者・マネージャーならではですので、詳しくお伝えしていきます。

その①:メンバーからの「ありがとう」

介護の管理職・マネージャーは、直接利用者さんに関わることは少なくなってきますが、現場で働く介護士を支えるための、いわば「縁の下の力持ち」です。メンバーの相談を聴くことや、背中を押してあげることなど、メンバーのために働きます。

うまくいった時には「あなたのおかげで仕事を頑張ろうと思えました。」と言われることや、「助けてもらいありがとうございました。」などメンバーから感謝されることも多く、マネジメントとしてのやりがいを感じられる仕事です。

その②:課題を解決したときの達成感

介護現場では様々な問題が起こります。利用者さんに関する問題や職場環境など、課題は山積みです。そこで出番なのが、管理職・マネージャーです。ひとつの問題を解決してはまた別の問題が発生するなど、大変に聞こえるかもしれませんが、その分やりがいが半端ないのです。

ひとつの問題を管理職・マネージャーが先頭に立って解決することで、よりチームの結束力が増し、自分自身も成長を感じられます。課題解決は簡単なことではありませんが、必要な基本的スキルを忘れずに実践していれば、必ず解決できます。

その③:外部機関や地域との関わりが増える

介護現場では味わえない管理職・マネージャーならではだと思いますが、外部の施設や事業所、ケアマネージャーとの関わる機会が増えてきます。まずは参加することが条件ですが、管理者が参加する地域の連絡会やイベントなどがあり、横の繋がりを深めることができます。
v横の繋がりを深めることは重要であり、なにか自身の事業所で困ったことの相談や情報の共有など他事業所が助けてくれるので、管理職・マネージャーは孤独なイメージがありますが、まったくそんなことはありません。

まとめ

介護士から、管理職・マネージャーになるためには仕事をするうえでの基本的なスキルさえあれば、誰でもなることができます。大事なことは、「利用者さんやメンバーを思いやる気持ち」と「ぶれないビジョンを持つこと」です。

介護業界でも幅広い視点を持つことができ、転職が当たり前になってきているこのご時世、管理職・マネージャーとしての経験はどこに行っても通用する強い自信になります。

ぜひ、チャレンジして介護業界を盛り上げていきましょう!

この記事を書いた人

koike43
さん

新卒として、祖母が通っているデイサービスの会社へ入社し、現場職→介護リーダー→事業所の管理職→エリアマネジャーとして働く。

しかし、もう一度介護の専門職としてひとりの利用者と向き合って仕事がしたいと考え、社会福祉法人へ介護職として転職する。

経歴

  • 2013年4月~2015年3月:訪問入浴オペレーターとして裏方役へ
  • 2015年4月~2016年3月:新規開設ショートステイの現場リーダーに抜擢
  • 2016年4月~2019年3月:事業所の管理職として奮闘
  • 2019年4月~2020年9月:エリア統括マネージャーとして、事業所の管理者へのサポート支援や採用活動、集客など内部の仕事をメインとしながら、地域包括支援センターの職員と共同で認知症カフェを運営や、地域のイベントへの参加運営などの地域活動
  • 2020年9月~:社会福祉法人の介護職として転職。副業で夜間訪問介護の仕事をこなす。

資格

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士

質問があれば気軽にコメントください

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました