介護士から看護助手に転職して良かったこと5選|介護士経験が活かせたこと

介護職の働き方を考える
※画像はイメージです。
介護の経験を活かし看護助手の仕事をしたい人
介護の経験を活かし看護助手の仕事をしたい人

介護士の仕事を活かして看護助手になりたい。スキルアップのために医療現場の事を知りたい。

現在、介護士をされている人の中には、スキルアップのために医療現場の事を知りたい、ある程度の知識をもちたいという方もおられるでしょう。また、介護ではなく医療現場で働きたい方もおられるのではないでしょうか。

私自身はケアマネ試験の為の実務経験を積む間、医療を少しでも知る必要を感じ、2年ほど看護助手をしていた時があります。同じような境遇の方もおられるでしょうが、私は実務経験を5年積む間は、ある意味仕事で学ぶことを考えていました。

医療現場では、当然ながら介護士とは違った役割が要求されます。ここではその経験を紹介したいと思います。

記事のテーマ
  1. 介護分野だけでは補いきれない、医療現場の事やある程度の知識を得ることができる。
  2. 治療や効率を重視した動きや、高齢者以外の患者様を対応する為の環境づくりなど、高齢者福祉の範疇を超えて技術が身につく。
  3. 患者様との関わり自体は少ないため、介護よりも業務中心に仕事ができ、メリハリがある。
  4. 将来的に介護分野に戻ることを考えておられる方、その可能性がある方には、看護助手の経験が必ず生きてくる。

介護士から看護助手に転職して良かったこと

介護士から看護助手に転職して良かったこと

私は、介護士から看護助手に転職して実際にどちらも経験してきました。ここでは、その経験の中で、よかったと感じていたことを説明したいと思います。

仕事をされる現場によってやはり多少は異なると思いますが、福祉の精神が強い介護に比べて、医療現場はもちろん医療重視ですから、おおむね以下のような傾向があると思います。

良かったこと①:医療現場を知ることができる

まず第一に、私自身が目的としていたことでありますが、医療現場を肌で感じることが出来る点にあります。もちろん、自分自身が医療行為をするわけではありません。

また、実際にカルテなどをみるわけでもないので、多くの事はわかりません。しかし、以下のようなことを学べたことが今に生きていると思います。

  1. 医師や看護師、その他医療職との連携で、患者様にどう対応しているか
  2. 医療現場の雰囲気、考え方がわかるようになる。
  3. また、自分自身が、看護師から指示を受けて仕事をする中で、患者様それぞれに対しての注意点がわかるようになること
  4. 入院、退院などの管理をどうしているか
  5. それに伴うベッドメイクや掃除などの仕事

こういった経験は、看護助手として病院で長く働かれる方はもちろん、将来的には介護現場に戻って仕事をしたいと考えている方のどちらにも有意義な経験となります。

良かったこと②:患者様の退院後の対応を知ることが出来る

将来的に介護の分野に戻り、ケアマネージャーをしようと思っていた私にとっては、特に高齢の患者様の退院後の行き先が気になっていました。

看護助手として、普段から入浴介助や食事介助などをしていたので、どういった心身状態なのかある程度把握していました。そういった方が、例えば在宅に復帰される方もおられれば、老健に行かれる方もおられ、また、特養などの施設から入院され、そのまま施設に戻られる方もおられるのを見てきました。

この経験は後になってから役に立ちました。病院では地域連携室などのソーシャルワーカーが退院後の連携を取られます。私が看護助手をしていた時は直接ソーシャルワーカーとやり取りすることはなかったものの、ケアマネをするようになって、病院側でどういった対応をするのかわかるようになってきました。

良かったこと③:仕事のスピードが身につく

医療現場は、なにかにつけてスピード重視な所があります。一つ一つの仕事を素早くこなしていかなければ、次の予定に間に合わず、治療に迷惑がかかることがあるからです。

介護現場の様に利用者様の生活に合わせたものではなく、あくまで治療の為、病院のスケジュールに患者様を合わせるといった形となります。

これは、やってみると悪いことばかりではありません。介護現場とは目的が異なるので、それさえ理解していれば、一つ一つのことに時間を考えて、効率的な業務がこなせるようになります。私は最初、時間ギリギリの事が多かったです。早くても質が悪いと意味がないからです。

たとえば、急な入院の時は、次の定時の仕事が決まっている中で、入院ベッドや居室の準備をする必要があります。いかに、病院の判断に間に合わせるかがポイントになります。

ですが、この準備一つでも当然ながら質を求められます。スピードに加えて質をもつ大切さを経験できました。

良かったこと④:ベッドメイクや居室の掃除、消毒方法などを学べる

次に挙げるのは、看護助手ならではのポイントになります。それはベッドメイクや居室の掃除方法、家具のセッティングなどや消毒方法を学ぶことが出来るということです。
介護施設でも、掃除や消毒などをすることはあります。

しかし、看護助手でする居室の掃除は、少しホテルのそれに近いと思います。居室、床、ベッド周り、シーツメイクに加えて、個室のユニットバスなどを徹底的に掃除し、消毒します。

例えば、ユニットバスの掃除においては、トイレから浴槽に至るまですべて水と洗剤で洗ってから、水滴を全く残さないようにふき取ります。シーツメイクにおいては、しわ一つつけずにセットし、なおかつ、患者様が横になられた時に、体に負担の少ない張り方や、状態に合わせたマットの設定などを教わります。

消毒方法については、病院ならではです。毎日すべてのベッドを消毒して回ります。それに加え退院の時はさらに念入りに居室とベッドを中心に消毒をします。

こういった見た目では小さなことをきっちりやることは、学ばないと意外と身につかないものです。

良かったこと⑤:仕事の面ではゆとりがある

私の経験では、上記の様に看護助手は定時にやることがはっきり決まっていて、入院や退院、居室の移動などの指示があればそれに従うとったスタイルでした。日によっては帰宅や休憩の間際に、急な指示が入ることがあり、バタバタとする時もありましたが、定時だけの仕事しかなかったり、他のメンバーの数が多かったりした時は時間的には大変ゆとりがありました。

その場合は、看護助手の場合は、消耗品の補充などをしてまわったり、普段行き届かないところの掃除をしたりします。ですが、これらはその日にやらなければならない仕事でないこともあり、帰宅の時間が来る頃には、切り上げてすぐに帰ることが出来ました。

サービス残業に近いことが好きではない方にはメリハリがあって、お勧めの条件かもしれません。

看護助手は介護士と比べ、働きやすい理由

看護助手は介護士と比べ、働きやすい理由

ここでは、介護士よりも看護助手の方が働きやすいと思う点を挙げています。あくまで、看護助手としての利点であって介護士の仕事を否定するものではありません。

人との関わりや介助、援助は続けたいが、でもこれから先、介護士を続けていくのは厳しいといった方にはお勧めのポイントとなっているのではないでしょうか。

理由①:関わりが少なく、ある意味業務に集中できる

介護現場を経験された方はイメージしやすいと思いますが、介護の仕事は業務は決まっているものの、利用者様との関わり自体が仕事である面があります。また、所によっては福祉の精神が強く、ボランティアのような事をすることもあります。

それとは違って、医療現場では、業務が決まっており、それをいかに時間通りにこなすかが求められ、関わり自体は大きな仕事ではないと感じています。もちろん、患者様とのかかわりがないわけではありません。声掛けなどは大切です。

しかし、それは介護現場に比べて極めて希薄です。これは環境として、一般病棟においては、相手は高齢者ばかりではなく、むしろ成人の方が多いこともあります。

あくまで看護助手なので、仕事内容についても、定時の仕事もあれば、看護師の指示を受けて、決まることもあります。

つまり、介護現場の様に、その間にレクリエーションや、外出支援などの介護や生活援助をすることがありません。そういった環境ですし、治療や療養が目的なわけですから、淡々と仕事に打ち込んでいきます。

理由②:看護部に属すため、外部との連携をとる必要がない

介護現場の介護士は、施設で働いていても、訪問や通所サービスなどの居宅サービスを提供していても、すくなからず、他者との関わり、連携が求められます。よくあるのが、ご本人以外であれば、ご家族や他の介護事業所の職員、あるいはケアマネージャーなどが挙げられます。

場合によっては地域の方々と一緒に安否確認をしたり、祭りなどのイベントでボランティアと関わりを持つこともあります。

こういったことは、福祉という面からは連携をとり、ひろく、利用者様のためになる取り組みで非常に良いことだと思います。

ですが、介護をしたい方の中には、業務をテキパキとこなしていきたい方もおられます。そういった意味では看護助手は看護部に属しますので、自らがご家族と連携を直接に取ることもなく、地域やボランティアとのかかわりも大変薄いです。

外部との連携があまり好きではなく、業務に集中したい方にはポイントとなると思います。

理由③:自ら出来ることの多い患者様が多い

看護助手の仕事の場は、一般病院が主になると思います。私自身は、外科と内科の階で仕事をしていました。そこでやることといえば、入浴や食事、排せつの介助、その他掃除や居室掃除などです。この名目だけをみれば、介護士と同じようなイメージがあるかもしれません。しかし、病院は対象が全く違います。高齢者よりも、成人の方の方が多いのです。

つまり、介護現場のそれと比べて、こちらがすべて介助する方、一部介助する方も少なく、ほぼ見守り程度または、全く見守りなしの状態となります。

たとえば、食事は介助が必要な方もおられますが、大半の方は食事配り、食べ終わられた頃に回収するだけなのです。食事介助の必要な方の介助が一人か二人終わったころに、各居室のトレイを回収に伺うといった感じでした。

介護で特に身体的な介助に負担を感じられる方は多いと思います。同僚にもそういった方がおられました。そのような方には大きなポイントとなります。

看護助手に求められるスキルとは?

看護助手に求められるスキルとは?

病院の看護助手で働く際に、必要と思われるスキルを挙げてみました。中には介護士の時に培った知識や技術が役に立つものもあります。

また、仕事をしながら身に着けていけばよいものもあります。効率が求められる現場なので、慣れというものは大きいと思います。経験があまりない方も、以下のスキルは身に着けられると思います。

スキル①:介護業務を的確に安全にこなす

このスキルは、介護士として特養などで働いてきた経験が私自身は活きました。例えば、入浴介助の場面では、体がうまく動かない人をベッドから車いすに移乗したり、あるいは、ベッドから直接、洗身台に移乗したりしますが、その時の移乗技術であったり、更衣を介助する技術が役立ちました。

また、食事介助についても、誤嚥がないように介助したり、あるいは、吸引が必要な方を注意していて、異変があれば看護師を呼んだりも当たり前のようにできました。こういった例は同じ「介助」を主とする仕事としてはたくさんあり、介護をされてきた方はそのスキルがそのまま活きるところもあります。

病院ではこういった機会は介護現場に比べると少ないと思いますが、身体的介助のスキルは最低限必要なスキルになります。適切な介助の仕方は自らのけがの予防にもなりますので、そういった意味でも意味のあるスキルだと思います。

スキル②:場面に応じた適切な仕事配分をしなければならない

看護助手は、主に看護師の指示に従って動きます。その指示には、医師の指示が大元にあることもあります。

例えば、急な入院の連絡が外来の医師から看護師を経由して、病棟に連絡がきます。その場合、居室やベッドの準備、場合によってはそれに伴う居室の移動までの指示が看護助手に来ます。

しかし、こういった場合、看護助手すべてがこれにかかるわけではありません。定時に行う介助についても、終わらせていかないと、他の看護業務に差支えが出てしまうからです。

その為、看護助手にはこういった時に時間配分を見ながら、即座に優先順位を決めたり、人数配分を振り分けたりして、業務に滞りがなくできるようにする為のスキルが求められます。

最初の内は全体を把握することは難しいですが、慣れてくると出来るようになるので、最初は先輩の指示を参考にされるとよいと思います。

スキル③:コミュニケーションが求められる

最後に、これは介護士よりも少し病院の方が難しい面もあるかと思います。病院でのコミュニケーションには、大きく分けて職員側と患者側との二面があると思います。

介護現場でももちろん、職員とのコミュニケーションは必要です。ただし、病院の場合、看護助手よりもはるかに看護師の方が多いです。

つまり、指示を出す側の人間がたくさんいるので、中にはキツイ言い方をする方がおられたり、指示が適切でない方もおられます。そういった中でも、間違いを防ぐことが一番大切ですので、的確にコミュニケーションを図り、目的をこなしていく力が必要になると思います。

また、患者側は、介護現場と違って、老若男女あらゆる方がおられます。一人ひとりの接し方が微妙に異なってくるのはもちろんですが、その範囲は広まります。また、大きく違うのは、皆なんらかの病気やケガで入院されており、心境が介護現場とは全く違うという所です。

良い気分で過ごされる方はほぼおられないでしょう。相手の気持ちを考えた声掛けなどが重要になります。

【実体験】看護助手の仕事内容

【実体験】看護助手の仕事内容

ここでは、私が介護士の経験を経て、看護助手をしていた時の実体験を紹介したいと思います。介護士での経験が活かされたところはたくさんありました。

しかし、時には介護現場と絶対的に違いがある場面も経験しました。いずれも病院という環境であり、また治療中の身である患者様が相手の介護だからこその体験だと思います。

Aさん:食事を拒否されてきた方が食べるようになった

入院されても食事をすることがほとんどなかったAさんのエピソードです。Aさんの入院の原因もずばり、食事をほとんどたべなくなり栄養失調になられたことが原因でした。たべられない間は点滴をされていました。

面会に来られていた職員に伺うと、普段は、養護老人ホームという老人ホームの一種に入所されている方で、施設でも食事を食べられない日が続いたそうです。

私たち、とくに介護現場での経験がある看護助手は、まさにそういった方を相手に仕事をしてきたので、きっかけづくりの技術が大変に役に立ちました。対応の仕方は相手によって全く違います。この方の場合、寂しさが強いように感じました。

ですから様子をみながら、部屋を通る度に水分摂取を何気に勧めてみたり、お茶を配るときに少し介助したりしました。そうする内に、ほんの少しずつではありましたが、水分摂取から始まり、食事もとられるようになり、数週間で退院されました。

介護のスキルが役に立ち、体調を改善された場面となりました。

Bさん:治療が目的なので致し方ない面がある

Bさんは、認知症の症状があり、看護師の指示は通じずない方でした。そうなると、たとえば転倒の恐れがある身体の状態なのに、ふらふらと歩かれたり、点滴を抜いてしまったりと治療の面では、よくありません。むしろ、転倒して骨折などでもされれば、そのまま寝たきりにすぐになってしまいます。

そんな時、病院ではいわゆる拘束をして、結果的に治療のために身体の自由を奪うといったことをします。

介護現場では、点滴をされる方は一時期であったり、少数だと思います。ただ、転倒の恐れがあっても、見守りや付き添い、センサーなどで対応することが多いです。つまり、拘束はしない方向で対応することが多いです。

この辺りは、治療が目的であるといった病院の目的をしっかりと理解しないと、介護現場の考え方からすると見ていてつらいものがあります。介護現場の経験がそのまま活きることばかりではありません。

Cさん:日々の声掛けで気分転換をされた

病院に入院されている患者様の中には、入退院を繰り返されたり、あるいは、長期にわたって入院される方も少なくありません。

病院は基本的に自ら動けない方は特に、ほぼベッド上で過ごされることが多いです。Cさんは、24時間ずっとベッド上で過ごされる方でした。そういった方はだんだん体力、気力共に落ちてこられていました。

看護助手も、介護現場の介護士の様に、頻繁には声掛けや関わり、体を動かす機会の提供などはできません。ですが、各部屋の掃除に行ったり、お茶を配って回ったりする時に、少しでもCさんの話し相手になることにしました。ただの話ではなく、気持ちを知り、共感することを心がけました。

そのうちに、Cさんも私たちが、部屋に来て何事か話をしていくのを待っていてくれる様になりました。「ありがとう」と気を休められる時もあったようです。

もちろん、状態を見ながらにはなりますが、相手によっては介護士の方が現場で普段やっているような、傾聴、共感といったスキルが役に立ったと思います。

まとめ

ここまで介護士から看護助手に転職して良かったことや、介護士の経験が看護助手の仕事に役だったことを説明してきました。

ここ医療と介護の現場では、その目的が違うために、やはり、求められる仕事の中身が違います。ただし、共通点もあり、また逆に介護のスキルが病院で役に立つこともあります。

ここご自分の求める仕事像を考えて選択される事を願っています。

この記事を書いた人

みやあらや

現在は、小規模多機能事業所のケアマネージャー兼任介護福祉士。夜勤もこなす。

30歳のころまでは、畑違いの研究職の仕事をしていたが、知人が入所していた特養を訪問したことをきっかけに介護業界に転職。その後、ホームヘルパー2級、福祉住環境コーディネーター2級、介護福祉士、介護支援専門員等の資格を取得し、現在に至る。

経歴

  • 2012年4月~2013年9月:特別養護老人ホーム
  • 2013年10月~2014年3月:短期入所施設
  • 2014年4月~2016年2月:一般病院 看護助手
  • 2016年3月~2018年8月:老健、医療療養棟
  • 2018年8月~2019年9月:グループホームのケアマネージャー
  • 2020年9月~現在:小規模多機能事業所のケアマネジャー兼介護福祉士

資格

  • 介護福祉士
  • ケアマネジャー
  • 福祉住環境コーディネーター2級

質問があれば気軽にコメントください

タイトルとURLをコピーしました