活動と参加がカギ。訪問リハビリに求められる、実践のコツとは?

リハビリセラピストの働き方を考える
※画像はイメージです。
訪問リハに携わりたい人
訪問リハに携わりたい人

活動と参加に資するリハビリテーションの必要性はよくわかっているけど、実践するとなると、なかなかうまくできないのよね。活動と参加にコミットする、質の高い訪問リハビリができるようになりたい。

活動と参加に資するリハビリテーションの必要性はわかっていても、いざ実践となると、なかなか思うようにすすめられないこともありますよね。

訪問リハビリは、生活の場での実践となるため、より活動と参加に介入しやすい環境にあります。

いくつかのコツを押さえるだけで、質の高い、活動と参加に資するリハビリテーションの実践が可能となります。その人らしい生活を実現するために、活動や参加にコミットする、質の高い訪問リハビリを実践していきましょう。

記事のテーマ
  1. 活動と参加に資するリハビリテーションとは?
  2. 【事例】訪問リハビリから、地域生活に復帰した女性
  3. 活動と参加に資する、訪問リハビリ実践のコツ

活動と参加に資するリハビリテーションとは?

活動と参加に資するリハビリテーションとは?

活動と参加に資するリハビリテーションとは、ADL、IADL、社会参加などの、生活行為に焦点を当てたリハビリテーションをいいます。

これまでの習慣や役割、価値観、環境などにより、一人ひとり必要とする生活行為は異なります。これまでどのような生活をしてきて、どのような価値観を持っており、これからどのように生活していきたいのか。

一人ひとり異なるニーズを的確にくみ取り、効果的に実践していくことが、活動と参加に資するリハビリテーションには求められます。

なぜ、活動と参加なのか?

身体機能に焦点を当てた介入では、身体機能の改善は認められても、不活発な生活自体の改善にはつながらず、漫然とリハビリテーションを継続している事例が多くありました。現代の日本は、少子高齢化社会を迎えています。

人的にも費用的にも、効率的で効果的なリハビリテーションの実践が求められています。日常、人々が行う生活行為、すなわち活動と参加にダイレクトに介入することによって、生活自体に変容をもたらし、元気な高齢者を増やす役割が期待されています。

高齢者におけるリハビリテーションの在り方

平成27年度の介護保険制度改正以前、高齢者のリハビリテーションは、1対1での介入を基本とした、身体機能へのアプローチが一般的でした。改正を機に、高齢者のリハビリテーションにおいては、心身機能に偏らず、心身機能、活動、参加にバランスよくアプローチする包括的なリハビリテーションが求められるようになっています。

地域とのつながりの中で、その人らしい活動と参加が継続していけるようなリハビリテーションの取り組みが必要とされています。

質問があれば気軽にコメントください

【事例】訪問リハビリを卒業し、地域生活に復帰した女性

【事例】訪問リハビリを卒業し、地域生活に復帰した女性

私に、活動と参加に資するリハビリテーションの素晴らしさを教えてくれた女性がいます。はじめは不安が強く気分も落ち込みがちな人でした。しかし、訪問リハビリでの、活動と参加に資する実践の過程とともに、みるみる表情が輝きだし、再び主体的な生活を取り戻すことができたのです。

活動と参加に資する訪問リハビリの実践によって、地域とつながり、生き生きとしたその人らしい生活を再獲得した事例を紹介します。

訪問リハビリ利用までの経緯

息子と二人暮らしの80代の女性。家事全般をこなし、母親としての役割を果たしながら、友人とのお茶のみやカラオケ教室、グランドゴルフなどへ参加することを楽しみに生活していました。

持病の腰痛悪化により、身動きが取れなくなってしまい、療養目的に数か月入院。腰痛が軽減し自宅退院しましたが、入院中に廃用性の筋力低下を起こしてしまい、訪問リハビリを利用することとなりました。

初回面接による評価

本人の希望は、「早く歩けるようになりたい」とのこと。歩けるようになったら何がしたいかを尋ねると、「カラオケ教室とグランドゴルフにまた行けるようになりたい」と語ってくれました。キーパーソンである息子の希望は「せめて料理だけはできるようになってほしい」とのこと。

カラオケ教室やグランドゴルフへの参加に関しては、送迎などできることは協力したいとの意向でした。自宅内は杖歩行でふらつきがあり、入浴の浴槽またぎ動作に介助を要していました。

目標は、料理ができるようになり、カラオケ教室とグランドゴルフに参加できるようになることで合意しました。

訪問リハビリ介入

機能訓練により廃用性の筋力低下の改善がみられ、ふらつきなく杖歩行が可能となりました。入浴は浴槽台を使用することで自立し、息子と一緒に料理もできるようになりました。

その後、夜7時から公民館で行っているカラオケ教室に同行評価を実施。はじめは「顔を出すだけ」と不安な表情を浮かべていましたが、いざ会場に着くと、なじみの友人から歓迎され、勧められるがままに、カラオケを3曲も熱唱したのです。

後日、学校の校庭で行っているグランドゴルフに同行評価を実施。またもや友人たちに歓迎され、普段は杖をついて歩いているのに、杖そっちのけで、1ゲームしっかりとプレーすることができました。

訪問リハビリ卒業

カラオケ教室、グランドゴルフへは、息子や友人の送迎により、定期的な参加ができるようになりました。不安や精神的な落ち込みも解消し、目標を達成、訪問リハビリを卒業しました。

その後、介護保険は更新せず認定期間を終了し、地域の中で、生き生きとした生活を継続しています。

質問があれば気軽にコメントください

事例に学ぶ、活動と参加に資する訪問リハビリ実践のコツ

事例に学ぶ、活動と参加に資する訪問リハビリ実践のコツ

活動と参加に資する訪問リハビリを実践するためには、情報収集、面接、評価、介入のすべての過程において、活動と参加に焦点が当てられていることが大切です。

利用者は、リハビリテーションは運動というイメージを持っている人も多くいます。初回面接の際には、活動と参加のリハビリテーションからゴールへのイメージを利用者と共有することが大切です。

活動と参加に資する訪問リハビリは、日々の臨床に、少し視点を付け加えるだけで実践可能となります。

情報収集では、生活歴を詳細に

情報収集においては、これまでの生活歴、その中でも、その人が価値を置いてきた生活行為を詳細に把握することが大切です。

どんな役割を担っていて、何を楽しみに生活していたか、どんな生活習慣があったかを確認しましょう。いつ・どこで・誰と・何を・どのように・なぜの5W1Hの視点で捉えていくと具体的な情報が得られやすくなります。

面接では、話の焦点を活動と参加に向けていく

本人の活動と参加に関する希望を確認するためには、話の焦点を活動と参加に向けていく工夫が必要です。リハビリテーションの希望を尋ねると、「足の筋力をつけたい」「良く歩けるようになりたい」と身体機能に関する希望を挙げられることが多いからです。

面接の際には、「歩けるようになったら何がしたいですか?」「生活している中で、もっと良くできるようになりたいことは何ですか?」など、もう一歩踏み込んだ質問をする必要があります。

切り口は運動であったとしても、活動と参加の方向に話の焦点を当てていくことが必要です。

本人と家族の希望を擦り合わせ、合意目標を設定する

本人と家族の希望が異なることもあるため、家族の希望を確認しておくことも大切です。本人の希望であっても、家族が反対しては、現実的に実現は難しくなります。

本人と家族の希望を擦り合わせ、互いが合意した活動、参加における目標を設定することが大切です。

介入は実際の環境で行う

訪問リハビリ介入は、なるべく実際の環境で行うことが大切です。訪問リハビリでは、自宅内の活動に対しては介入しやすいですが、自宅外の活動、参加については介入しにくいこともあるかと思います。

実際の環境で行うことで、本人にとっては、具体的なイメージを持つことができ、主体性を引き出すことが期待できます。また、想定していなかった、新たな課題が見つかることもあります。

いろいろと制約はあるかと思いますが、訪問リハビリ介入においては、可能な限り実際の環境で介入することが大切です。

訪問リハビリの先にある、社会資源に目を向けよう

訪問リハビリから地域へつなぐ視点を持ち、社会資源に目を向けることが大切です。進行性の疾患の場合は長期的な介入が必要となりますが、単発的な疾患や廃用性症候群の場合には短期的な介入により、元の生活の再獲得が見込めます。

訪問リハビリ卒業後に、地域の中でどのような生活を送ることができるか。訪問リハビリスタッフが社会資源の情報を持っていれば、地域での生活の選択肢が広がります。

そして、訪問リハビリ卒業にあたっては、また不活発な生活に戻ってしまわないよう、しっかりと社会資源につなげる意識を持つことが大切です。

まとめ

活動と参加に資する、訪問リハビリ実践のコツはつかめましたか?活動と参加に資する実践を積み重ねていくと、利用者の表情がみるみる輝きだし、生き生きとした生活を取り戻していく姿を目の当たりにします。

日々の臨床に少し視点を付け加えるだけで、活動と参加に資するリハビリテーションの実践は可能になります。地域の中でその人らしい暮らしができるよう、活動と参加に資するリハビリテーションを実践していきましょう。

質問があれば気軽にコメントください

この記事を書いた人

mume1
さん

臨床経験12年目の作業療法士。通所リハ、訪問リハ、介護療養型医療施設、介護老人保健施設、地域の介護予防事業に従事。在宅と施設、予防から看取りまでの臨床経験。

資格

  • 作業療法士

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました