【体験談】PTの私がリハ特化のデイサービスに転職して良かった事5選

リハビリセラピストの働き方を考える
※画像はイメージです。
リハ特化のデイサービスへ転職したいPT
リハ特化のデイサービスへ転職したいPT

PTがリハ特化デイサービスで働いたらどんな業務があるの?実際に働いた感想や1日のスケジュールを知りたい。どんなPTがリハ特化デイサービスに向いているの?メリットやデメリットは?

理学療法士の多くは、病院やクリニックで働いており、介護施設に勤める理学療法士は全体の2割程度といわれています。その中でもデイサービスで働いている理学療法士は更に少ないです。

理学療法士が年々増えていく中で、介護施設で働く理学療法士も増えてくると予想されます。デイケアと違い、デイサービス運営は医者の管理下でなくとも可能なため、全体像を知ることで将来の道が広がります。

理学療法士がリハビリテーション特化型のデイサービスで働くメリットや具体的なスケジュールについてご紹介します。

記事のテーマ
  1. リハ特化デイサービスのメリット
  2. リハ特化デイサービスのスケジュール
  3. リハ特化デイサービスの具体的な仕事内容

質問があれば気軽にコメントください

リハ特化のデイサービスに転職して良かったこと5選

リハ特化のデイサービスに転職して良かったこと5選

デイサービスでは病院勤務とは違った働き方となります。デイサービスでの勤務はさまざまな疾患を経験したことのある方や家族と週末を過ごしたい方、リハビリテーション以外の職務も経験したい方におすすめです。

リハ特化デイサービスに転職して良かったことをご紹介します。

その①:土日が固定で休日

リハビリテーション特化型デイサービスは土曜、日曜が休みのことが多く、家族や子どものいる家庭では、行事に参加しやすいです。

また、シフト制ではなく固定休暇のため、旅行などの予定も立てやすいです。理学療法士は研修会や勉強会の機会も多いため、比較的参加しやすい点もメリットといえます。

その②:リハビリ以外の業務が経験できる

リハビリテーション特化型のデイサービスでは、個別機能訓練(リハビリテーション)以外にも、多くの仕事を経験することができます。病院に勤務していると対個人を対象としたリハビリテーションをおこなうことがメインの職務になると思いますが、デイサービスでは対集団を対象とした、集団体操のインストラクターなども経験することができます。

その他にも、病院では医療事務が対応しているような受付業務や事務作業も一部対応することがあるため、リハビリテーション以外の介護保険下での全体の流れを経験することができます。

目の前の患者様やご利用者様に注力し、リハビリテーションをおこなうことはやりがいもあり、楽しいことではありますが、全体の流れを知った上で、対応することで目の前の相手からの感謝の言葉以上に、やりがいと責務を感じることができると思います。

その③:生活期にあわせたリハビリを提供できる

リハビリテーション特化型デイサービスでは、送迎や居宅チェックなどで、ご自宅に伺うことも多いため、ご利用者様の生活環境を知り、実際の生活で困っていることの改善を図ることができます。

また、機能訓練以外にも介護サービスを利用し、住宅改修などの環境へのアプローチも図ることができます。ご利用者様の生活をより高いレベルで改善できる点はやりがいを感じます。

その④:担当できる期間が長い

私自身、医療保険でのリハビリテーションでは期限が決められており、満足のいくアプローチができないことからやるせなさを感じることもありました。

介護保険の期間は1~2年程度のことも多く、病院でのリハビリテーションよりも長くご利用者様と関わることができます。

その⑤:施設外部との関りが多い

リハビリテーション特化型デイサービスでは、介護保険制度上ケアマネージャーとの関りが重要となります。施設にケアマネージャーが常駐している場合もありますが、外部のケアマネージャーと連携することも多いです。施設外の人と関わることで、仕事の幅も広がります。

実際に私自身社会福祉協議会のケアマネージャーからの依頼で、ヘルパーを対象に腰痛予防体操の指導を経験したことがあります。リハビリテーション以外にもさまざまな仕事を経験したい人にとっては、外部の人と関わりが多いことで、セミナー講師や腰痛予防体操の指導などをおこなうことがあります。

リハ特化のデイサービスの1日

リハ特化のデイサービスの1日

デイサービスでの1日を通常の日と忙しい日に分けてご紹介します。担当者会議が立て込んでいる、スタッフが急に休んだ、月末業務があるときなど、通常のスケジュール通り進まないことも多々あります。

例①:通常の1日

  • 7:45
    出社
    送迎車の準備、点検をします。
  • 7:50
    朝礼
    1日のスケジュールの確認。安全運転や安全業務の確認をします。
  • 8:00
    ご利用者様お迎え
    ご利用者様のご自宅へお迎えに伺います。専任のドライバーが足りなければ理学療法士がお迎えに伺うこともあります。
  • 9:00
    事業所到着
    事業所に到着し、ご利用開始となります。理学療法士は機能訓練を中心におこないます。
  • 12:00
    お見送り
    ご利用者様を見送り、フロアの簡単な掃除をします。
  • 12:15
    昼休み
    掃除完了後、昼休憩をとります。スタッフの人数によっては電話番をすることもあります。
  • 13:15
    昼ミーティング
    午後のパートさんとミーティングをおこない安全業務のための確認をします。
  • 13:30
    昼の業務開始
    午前中と同様に、理学療法士は機能訓練を中心に対応します。
  • 16:30
    お見送り
    午後のご利用終了後は、ドライバーは送迎、残ったスタッフは掃除します。
  • 16:35
    掃除
    フロアや事務所の掃除をおこないます。掃除専任のスタッフを雇っている事業所もあります。
  • 17:30
    事務作業
    掃除終了後、事務作業を開始します。毎日の事務作業はご利用実績の入力と確認です。ご利用者様の利用状況モニタリング資料作成もおこないます。
  • 18:00
    帰宅
    事務作業完了後は、明日の確認をして帰宅します。

例②:忙しい日の1日

  • 7:00
    出社
    送迎車の準備、点検をします。
  • 7:05
    事務作業
    朝は電話対応がないため、この時間に月末の請求業務をおこないます。お金に関わることなのでミスのないように集中して取り組みます。
  • 7:50
    朝礼
    朝礼で1日のスケジュールの確認。安全運転や安全業務の確認をします。
  • 8:00
    ご利用者様お迎え
    ご利用者様のご自宅へお迎えに伺います。専任のドライバーが足りなければ理学療法士がお迎えに伺うこともあります。
  • 9:00
    事業所に到着
    事業所に到着し、機能訓練をおこないます。
  • 12:00
    午後のお迎え
    午前の利用者様をご自宅にお送りし、午後のご利用者様をお迎えにいきます。忙しいときには車の中で昼食を取ります。
  • 13:30
    事業所に到着
    歯磨きを済まして午後のご利用者様の機能訓練をおこないます。
  • 16:30
    午後のお送り
    スタッフが少ないときには午後のお送りも手伝います。
  • 17:30
    洗車
    事業所に到着後、送迎者の洗車をします。
  • 17:45
    事務作業
    朝に事務作業が終わってなければ、この時間から続きをおこないます。月末の1日だけでは終わらないので、20日以降から徐々に月末業務を進めています。
  • 20:00
    帰宅
    事務作業完了後、明日の確認をして帰宅します。

リハ特化のデイサービスに求められるスキルとは?

リハ特化のデイサービスに求められるスキルとは?

リハビリテーション特化型デイサービスではリハビリ以外にもらなくてはいけない業務が多く、治療技術以外のマルチなスキルが必要とされます。

スキル①:コミュニケーションスキル

デイサービスで理学療法士が勤務する場合、コミュニケーションを取る機会が多くなります。ケアマネージャーや介護職員とのコミュニケーションでは、運動機能や身体状態、居住環境、介助量について、密にコミュニケーションを取ります。

介護業界で働く人は介護福祉士や看護師、理学療法士などさまざまな業種があり、職員のバックグラウンド考慮し、どれくらいの専門的な言葉や知識で話したほうが伝わりやすいかを考える必要があります。

コミュニケーションで重要な点は、伝わる深さと伝わるスピードのバランスだと思います。専門的すぎると伝わらず、凡庸な言葉ばかりでは伝わる時間がかかってしまうため、相手のバックグラウンドを理解し、適切な言葉を使う必要があります。

また、ご利用者様やその家族とコミュニケーションを取ることも多いです。特に病院で働いているときよりも、ご家族と話すことが多く介護サービスの方針としてもご利用者本人の意向はもちろんですが、家族の意向も汲み取り、適切な介護サービスの提案をする必要があります。

スキル②:マネジメントスキル

マネジメントにもさまざまな種類がありますが、リハビリテーション特化型デイサービスで大切なマネジメントスキルは業務マネジメント、タイムマネジメント、リスクマネジメントの3つだと思います。

業務のマネジメントは全体業務を誰が対応するかの割り振りやコントロールすることです。デイサービスの運営は専門職の集合体で成り立っています。理学療法士も個別機能訓練だけをおこなうのではなく、周りの職種と協力して業務にあたる必要があります。

タイムマネジメントは個別機能訓練をどれくらいのペースでおこなうか、月間でやるべき事務作業をどれくらいのペースで進めるかです。個別機能訓練は病院での運動器に対し、明確な時間の規定がありません。

その人の身体状況や目標とする動作に対して、ご利用時間等も加味して必要な時間を見極めて対応する必要があります。

リスクマネジメントは、本人の求めていることに対して、リスクを考えながらできるだけ対応することです。ご利用者様は常に転倒のリスクや誤嚥のリスクなどさまざまなリスクをともないます。

リスクがある中でも、本人が求めていることが目標に対して有効なことであれば、理学療法士が介助量や運動方法を提案し、実行していく必要があります。

スキル③:マルチタスクスキル

リハビリテーション特化型デイサービス業務では個別機能訓練だけではなく、集団体操やケアマネージャーからの電話対応、事務作業や介護スタッフの教育など、さまざまな業務を同時におこなっていく必要があります。

全体の時間とリスクを考えながら、マルチタスクで業務をおこないスピード感をもって対応する必要があります。

【実体験】リハ特化のデイサービスの仕事内容

【実体験】リハ特化のデイサービスの仕事内容

さまざまは実体験から、適切な対応から利用者様の状況が好転したケースやご迷惑をお掛けしてしまったケースをご紹介します。

Aさん:生活指導と食事コントロールで好転したケース

Aさんは1人暮らしの男性で、下肢筋力の低下から転倒を繰り返していました。運動に積極的な方で、デイサービスで運動をおこなっていく中で転倒の頻度も激減し、経過も良好でした。

しかし、持病の高血圧から段々と運動が制限されるようになりました。運動が制限されてからは転倒を繰り返すようになってしまいました。Aさんと話をする中で、食事は揚げ物などの総菜やコンビニのご飯が中心で、塩分が高いことが高血圧を引き落としている一因と思い、ヘルパーさんの介護サービスの中で食事を作ってもらうようにケアマネージャーと調整をしました。

食事を作ってもらうようになってからは高血圧も改善し、運動を今まで通りおこなうことができるようになり、転倒することも少なくなりました。

本人やケアマネージャーとの調整の中で、介護サービスの一環とし、個別機能訓練以外の関わりができ、転倒リスクを軽減することができました。運動機能以外にも目を向ける大切さを感じる一件でした。

Bさん:認知症への理解が乏しく、トラブルになったケース

Bさんは運動機能にはほとんど問題ありませんが、重度の認知症の方です。

元々、活動的な女性で、料理を家族に振舞うことが生きがいの方でした。認知症が悪化してからは、料理はしていませんでしたが、ご利用中に「晩御飯の買い物に行かないといけない」と毎回話されていました。

施設内での決め事で、「晩御飯の買い物は娘さんが済ませてますよ」とお返しする決まりでしたが、あるとき「買い物は後で行きましょう」と返答してしまった所、約束したのに「買い物に連れて行ってくれない」とお怒りになってしまうことがありました。

認知症で短期記憶が乏しくなってしまっても、約束事や自分のやりたいことは覚えているケースがあります。また、感情に基づいた記憶は残りやすいため、認知症の方であろうとも誠実な対応が必要と感じたケースでした。

Cさん:運動機能が改善することで家族関係が好転したケース

Cさんは娘と2人暮らし、家族関係が悪く一緒にいると直ぐに喧嘩をしてしまう状況でした。娘様の仕事は午後からで、午前中一緒にいる時間に長時間顔を合わせると言い争いになることが多いそうです。

Cさんはグランドゴルフが趣味でしたが、大腿骨頚部骨折の手術後からはグランドゴルフにも行けず、生活時間が重なり過ぎているせいで、家族関係の悪化を招いたと考え、グランドゴルフへの復帰をCさんの目標としました。

元々運動好きのCさんはリハビリテーションを積極的に頑張った結果、3か月後にはグランドゴルフにも復帰しました。グランドゴルフに毎朝出かけることで、娘さんとの生活時間の重なりが解消され、言い争うことも少なくなったそうです。現在も同居は解消せずに、生活することができています。

まとめ

理学療法士がリハビリテーション特化型デイサービスに努めることで、さまざまな職務を経験することができ、他職種との関わりも増えるため、成長の機会も増やすことができます。

今後リハビリテーション以外のマネジメントや事務も含めて経験、成長したい人にはおすすめの転職先です。

この記事を書いた人

kohei
さん

理学療法士7年目。20代の男性で一児の父。理学療法専門学校卒業後は、整形外科クリニックに入職し、変形性疾患やスポーツ傷害のリハビリテーションを経験。その後リハビリテーション特化型デイサービスに施設長として転職。

整形外科クリニック入職後から、スポーツトレーナとして、学生からプロチーム、年代別の県代表などに帯同し、現在もスポーツ現場に関わる。

経歴

  • 2010年~2013年:理学療法専門学校時代
  • 2013~2018年:整形外科クリニックに就職
  • 2018年~現在:リハビリテーション特化型デイサービスに転職

資格

  • 理学療法士

質問があれば気軽にコメントください

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました