PTがリハ特化のデイサービスの施設長になると、どんな責務・仕事内容があるの?

リハビリセラピストの働き方を考える
※画像はイメージです。
デイサービスの施設長になりたいPT
デイサービスの施設長になりたいPT

病院以外で理学療法士が活躍できる職域は?理学療法士はリハビリテーション特化型デイサービスでどんな仕事をするの?デイサービスの施設長にはどうやったらなれる?デイサービスの施設長のメリットやデメリットは?

整形外科クリニックからリハビリテーション特化型デイサービスに転職し、施設長を勤めている私の経験から、理学療法士がデイサービスの施設長になって感じることや仕事内容、メリットやデメリットについてご紹介します。

デイサービスの規模にもよりますが、私は小規模デイサービスで理学療法士として個別機能訓練をおこないながら、施設全体のマネジメントをしています。理学療法士と施設長を兼務しているからこそ、プレイヤーとマネージャーの両方の苦悩ややりがいを日々感じています。

これからデイサービスで働く理学療法士や施設長を目指している方などに、リハビリテーション特化型デイサービスの施設長の仕事内容を知っていただきたいです。

記事のテーマ
  1. リハ特化デイサービスの施設長のメリット・デメリット
  2. リハ特化デイサービスの施設長の仕事内容
  3. リハ特化デイサービスの施設長のポイント

質問があれば気軽にコメントください

リハ特化のデイサービスの施設長になって良かったこと3選

リハ特化のデイサービスの施設長になって良かったこと3選

リハビリテーション特化型デイサービスの施設長になって、責務も増えますがやりがいやメリットも比例して増えます。具体的にメリットに感じていることをご紹介します。

その①:収入の向上

リハビリテーション特化型デイサービスの施設長になってよかったことの1つは収入が向上したことです。デイサービスへの転職前には整形外科クリニックに勤めていましたが、人よりも多くの患者様をリハビリしても給料は一定です。

前職は役職にも就いていなかったため、転職後には収入が大幅に向上しました。具体的には、月収で5万円以上、賞与を含めた年収では100万以上向上しました。

事業所や運営会社によるとは思いますが、私の勤めている事業所では施設の売り上げが上がると施設長の給与に反映されるため、努力したことがダイレクトに収入に繋がる事はモチベーションになります。

その②:時間のコントロール

施設長になったことで、出勤時間や退勤時間をある程度自分でコントロールできるようになりました。

やらなければならない業務は多かったですが、1か月の業務を自分でスケジュールを組んで対応できるため、プライベートの予定に合わせてその日1日の業務量や退勤時間をコントロールすることができます。

定時は8:30出勤、17:30退社ですが、ご利用者様は16:30に送迎するため、7:30と早めに出勤して事務作業を済まし、16:45に退勤することも可能です。

その③:リハビリ以外の業務を経験できる

個別機能訓練(リハビリテーション)以外にも営業から請求までのさまざまな業務を経験でき、集客からご利用者様からお金をいただく所までの全体の流れを経験できます。

私が病院に勤めていた時には請求業務は医療事務がおこない、営業や集客もおこなったことはありませんでした。

将来的に独立して、自分で店舗や施設を持ちたい人には全体の流れと業務を経験できることはメリットになります。

リハ特化のデイサービスの施設長になって大変なこと3選

リハ特化のデイサービスの施設長になって大変なこと3選

リハビリテーション特化型デイサービス施設長の仕事は多岐にわたるため、業務の割り振りやそれにともなう人間関係がストレスとなることもあります。

また、売上のことも気がけなくてはならないため、売上や数字を求められることがストレスの人は大変だと感じることも多いです。

その①:業務を指示・分担するマネジメントが大変

デイサービスでの業務は個別機能訓練以外にも多岐に渡り、量が多いため1人では対応できません。私は仕事を人に振ることが苦手で、大変な仕事だから自分でやろうと仕事を抱え込んでいました。

しかし、1人では立ち行かなくなるときが必ずあります。その際に仕事を振ったことで嫌われてしまうのではないかと他の職員にお願いすることに気が引けてしまい、マネジメントには苦労しました。特に責任感が強すぎる人や頼みごとをするのに気が引けてしまう人はマネジメントに苦労すると思います。

また、業務負担をスタッフ間で、バランスを取らなければ不平不満が出てしまいます。全体のバランスを取るためにはできるだけ全ての業務を把握している必要があるため、転職当初は覚える業務量と種類が膨大で苦労しました。

その②:利益を求められる

デイサービスの施設長を勤める上で、切り離せないのが利益です。どんなに良いサービスをご利用者様に提供しても、売上が成り立たなければ、デイサービスの運営を続けていくことはできません。

私が勤めている事業所では、施設長の給与の中に目標達成手当があり、毎月のご利用者様人数と売上に目標設定があり、達成も有無で手当額が増減していて、売上に対してシビアな職場です。

しかし、売上至上主義では、ご利用者様もスタッフもついてきてくれません。利益を求めながらもご利用者様優先の施設運営をしていくバランス感覚が必要です。

その③:請求業務

請求業務とは実費分をご利用者様に、介護保険分を各都道府県の国民健康保険団体連合会(通称:国保連)に請求するために主に月末にご利用月のご利用状況を集計、請求する一連の業務です。

お金に関わるものなのでミスが許されず、確認作業も複数回おこなうため、時間と集中が必要な業務です。

国保連への請求には期限が定められているため、期限が差し迫ると請求業務が終わるまで帰宅できないこともあります。

デイサービスの施設長に向いている人とは?

デイサービスの施設長に向いている人とは?

私の考えるデイサービスの施設長に向いている人とは、物事を広い視点で見ることのでき、複数の仕事を同時に進めることができる人です。

さらに、医療や介護職全般に言えますが、コミュニケーション能力が高い人は適任だと思います。

その①:コミュニケーション能力が高い人

デイサービス運営はご利用者様やスタッフ、外部のケアマネージャーなどとの関りの上で成り立っています。コミュニケーション能力が高く、相手の気持ちを理解できる人は信頼関係を築くことができ、デイサービスの施設長に向いています。

介護業界で働く人は多くの業種が入り乱れています。同じケアマネージャーでも看護師、理学療法士、介護福祉士など出身がさまざまで、基礎知識やバックグラウンドも違うため、それぞれに合ったコミュニケーションを取る必要があります。

ご利用者様やその家族との関係を円滑に築くためには、リハビリテーションの技術以上に相手が求めていることや方法を汲み取るコミュニケーション能力が大切です。

施設長は施設スタッフに指示を出すことが多いため、スタッフとの関係性構築や指示を正確に伝えるためにもコミュニケーションを取る必要があり、同じ事柄でも伝え方が変わることで、理解度やモチベーションに大きな差が出てしまいます。

その②:マルチタスクをこなせる人

リハビリテーション特化型デイサービスの施設長は、個別機能訓練以外にも多くの職務が同時多発的に進んでいきます。

その中には期限のあるものも多いため、同時に多くの職務を整理しながら進めることができる人はデイサービスの施設長に向いていると思います。

その③:判断力がある人

どの職種の管理職でも共通していると思いますが、施設長の一番の責務は物事を決定することです。判断基準がぶれずに、なぜそうしたのか説明できる人はデイサービスの施設長に向いています。

また、デイサービスでは日々アクシデントがあり、冷静に素早く判断し、指示を出す必要があります。素早く、正確に物事を判断することができ、その理由を説明するためには普段から頭を使いながら仕事をしなくてはなりません。

正解のないことも施設長の責任で判断しなくてはならないため、自分の判断したことに対して明確な理由が必要となります。

施設長として施設運営で工夫していること

施設長として施設運営で工夫していること

施設長として施設運営で工夫していることは、営業活動を効率的におこなうことや業務の割り振りをできるだけ不満のないようにすること、定量化できないことも意識することです。

その①:営業活動と外部連携

施設長として施設運営で工夫していることの1つ目は営業方法です。デイサービスのご利用者様を増やすためには営業活動をして施設の存在と良さを知ってもらう必要があります。

営業は直接ケアマネージャーが在籍している事業所に訪問する方法もありますが、現実的には訪問営業をする時間はなかなか取れません。

月初めの実績表を届ける時に合わせてパンフレットを事業所に置いてもらう、ケアマネージャーが担当ご利用者様の様子を伺いでデイサービスを訪れたときに合わせて、現在の空き状況を伝えるなどの営業努力を続けることで、継続的にご利用者様を紹介していただいています。

また、営業活動ではありませんが日頃からケアマネージャーに対して、担当ご利用者様のご利用状況や現在の運動機能を密に伝えることで、ケアマネージャーやご利用者様との信頼関係を築くことができます。

外部連携という点では、地域包括支援センター主導のイベントや地域のイベントを積極的に手伝うことで、地域に介護施設の存在を認知していただけます。

その②:業務マネジメント

施設長として工夫していることの2つ目は「適材適所」と「適材不適所」を考えた業務配置です。デイサービスでの多忙な業務を円滑に進めるためには、施設長が全体の業務と進捗状況を把握し、スタッフに割り振る必要があります。

その際に重要となるのが「適材適所」と「適材不適所」の考え方です。

「適材適所」とはその名の通り、その人に合った地位や任務、業務に配置することです。施設長が各スタッフの得意な業務を見抜いて「適材適所」に割り振りをすることで、配置されたスタッフはストレスなく効率的に業務を進めることができます。

「適材適所」のデメリットとしては、同一の業務だけでは成長が止まってしまうことです。そのときに重要となるのが「適材不適所」の考え方です。

現状、そのスタッフが経験したことのない業務をあえて割り振ることで、新たな分野での成長を促すことができます。

当然、新しいことや苦手なことに挑戦する時にはストレスを感じやすいため、フォローできる体制を整えておくこと、どうしても難しければ「適材適所」に戻す判断が重要になります。

「適材不適所」で成功した一例を紹介します。スタッフのAさんは普段は事務作業を中心に対応していて、細かなところに気づき、先回りしてミスを防いでくれるような事務作業に適材のスタッフでした。

Aさんはコミュニケーションを取ることは苦手で、営業や体験利用のご利用者様の対応は避けていました。

しかし、ある時に体験利用のご利用者様対応をお願いしたところ、ご利用者様の求めていることや細かなニーズまで聞き取り、丁寧な対応したことで大変ご満足いただき、即日ご利用が決まりました。

Aさん本人は、ご利用者様とのコミュニケーションを苦手と感じていましたが、成功体験したことで自身がつき、現在では積極的にご利用者様と関わっていて、対応が細かで丁寧なため、ご利用者様からの評判も良好です。

その③:雰囲気作り

施設長として工夫していることの3つめは雰囲気作りです。リハビリテーション特化型のデイサービスでは、他の介護事業所と比べて介護度が低い方の割合が高いため、ご利用者様同士やスタッフとの会話を楽しみにご利用する人も多いです。

その際に事業所の雰囲気が重く、暗ければ楽しくコミュニケーションを取ることができません。介護事業所の雰囲気はスタッフの対応や心がけで大きく変化すると感じています。

スタッフの表情や声色などにも気をつけ、声掛けやミーティングで意識づけをすることで明るく楽しい雰囲気作りを心掛けています。

雰囲気とは目で確認することのできず、数字で表すこともできない不明瞭なものです。だからこそ施設長が心掛ける必要があります。

しかし、自覚的に感じるもののため、周りとのギャップがあってもいけません。スタッフ間でコミュニケーションを取りながらそれぞれの感覚を共有する必要があります。

まとめ

リハビリテーション特化型デイサービスの施設長は、施設運営の上で多くの責務がありますが、その分やりがいや見返りも大きいです。

評価から統合と解釈をし、アプローチを図ってから再評価する理学療法の一連の流れは、組織を運営する上でも流用できる考え方です。

また、理学療法士は論理的思考をおこないながらも、患者様やご利用者様の感情やモチベーションにも配慮しています。優れた理学療法士は論理的に物事を考えながらも相手の感情理解に努めていて、組織マネジメントする上ではそのバランスは非常に重要です。

この記事を書いた人

kohei
さん

理学療法士7年目。20代の男性で一児の父。理学療法専門学校卒業後は、整形外科クリニックに入職し、変形性疾患やスポーツ傷害のリハビリテーションを経験。その後リハビリテーション特化型デイサービスに施設長として転職。

整形外科クリニック入職後から、スポーツトレーナとして、学生からプロチーム、年代別の県代表などに帯同し、現在もスポーツ現場に関わる。

経歴

  • 2010年~2013年:理学療法専門学校時代
  • 2013~2018年:整形外科クリニックに就職
  • 2018年~現在:リハビリテーション特化型デイサービスに転職

資格

  • 理学療法士

質問があれば気軽にコメントください

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました