理学療法士が転職活動する際、複数病院・施設を見学し比較すべきポイントとは?

リハビリセラピストの働き方を考える
※画像はイメージです。
転職の進め方に迷う理学療法士
転職の進め方に迷う理学療法士

理学療法士の転職先はたくさんあるけど、求人情報だけではわからないから現場を見学したい。でも、病院や施設を見学するときは、どんなところをチェックすればいいのかな?複数の施設を見学しても、何を見ればよいかわからないと時間の無駄になってしまうかも。見学に行くときに、比較するポイントが知りたいな。

経験を重ねた理学療法士がステップアップのために、転職を考える機会は少なくないでしょう。そんなときに、まず確認するのが求人情報です。求人情報には、給料や休日の数など転職する上で必要な最低限の情報が記載されています。

しかし、求人情報のみでその病院や施設の全体を把握することはできません。

今後自分が、その場所で働くことができるか見極めるためには求人情報だけでは不十分です。病院や施設に見学に行くことで職場の雰囲気や現場で働く人の意見を聞くことができます。求人情報に書かれていない情報も得ることができます。

また、見学することでその場所で働きたいと思えるかどうかが重要です。以下に見学で比較すべきポイントについて解説します。

記事のテーマ
  1. インターネットの情報と実際の現場は異なることが多い
  2. 興味のある転職先が複数あれば見学で比較すべき
  3. 比較するポイントを知らなければ有意義な見学にならない

質問があれば気軽にコメントください

ネット上の情報を鵜呑みにしてはいけない

ネット上の情報を鵜呑みにしてはいけない

転職活動はネットを利用して行うことが多いですよね。私も大いに活用していました。ネットの求人情報を見ると「休みが取りやすい」「明るく楽しい職場」など良い印象を受ける言葉が並んでいます。

しかし、実際の現場はネットの情報だけではわからないことばかりです。病院や施設に見学に行くとネットの情報よりも良いと思える点や不安に思える点が出てきます。

ここでは私の経験をもとにネットの情報のみに頼ってはいけない理由を解説します。

理由①:整形クリニックでも数年後には興味のない分野に異動する可能性も

整形外科領域で求人を探していたときの経験です。整形外科クリニックは病院単体で運営している場合と、法人内に老人保健施設や通所リハビリ、訪問リハビリなどの複数の事業所を持つ場合があります。

後者の場合、法人一括採用だと法人内の施設や訪問リハビリに異動することがあります。ネットで見られる求人情報には、そのような記載がないこともあります。整形外科で働きたいと希望して転職を希望しても、数年後に関連施設に異動し、全く興味のない環境で仕事をすることになるかもしれません。

ネットからの情報で得られない場合は、見学の際に担当者に質問すると良いでしょう。複数の事業所を持つ病院に見学に行くときには異動があるかどうか、異動のタイミングは1年なのか5年なのか、頻度と人数はどうかなど気になることは細かく聞いていくと良いでしょう。どんな分野でも、給料と休みがしっかりしていれば良いと思う方には、大きな問題にならないかもしれません。

しかし、やりたい分野が決まっていて理学療法士として成長したいという思いで転職するのであれば、興味のない分野で働くことは苦痛になります。

入職前に全ての疑問を解決することは難しいですが、最低でも入職して何年は希望の部署で働けるのか確認するとよいでしょう。

整形外科のみで働きたい場合は複数の事業所を持たないクリニックを選ぶのも一つかと考えます。

理由②:訪問リハビリでは利用者との関わり以外も大事

訪問リハビリに見学に行ったときの経験です。訪問リハビリは利用者の自宅に訪問してリハビリを行います。

そのため、入職前の言わば部外者が、利用者の自宅に見学に行くことは難しくなります。私が見学に行った訪問リハビリの事業所も利用者宅には行かず事業所内を見学するのみでした。

事業所でリハビリをするわけではないので、業務に必要なデスクとパソコンが並んでいるのみで、有益な情報は得られませんでした。情報は訪問リハビリの担当者に質問することで得られます。

訪問リハビリで魅力的な点として「一部歩合制」があります。それは1日に決められた訪問件数を超えて件数を増やすと、それに見合った手当が付くというものです。

自分が働いた分だけ、給料に反映されることはやりがいに繋がります。勤務時間は長くなっても、とにかく稼ぎたいと思う方にはよいでしょう。

ただし、5年以上勤務しチームリーダーになると、利用者の自宅に行く所謂リハビリ業務の他に、若手理学療法士の教育やケアマネージャーとの連絡・調整、利用者確保のための営業など、理学療法士としての知識・技術的なスキル以外の業務が増えることを言われました。

現場で利用者のリハビリに携わっていたいと思う方には、向かないかもしれません。管理業務まで行いたい方には良いでしょう。

理由③:老人保健施設はゆったりリハビリできるとは限らない

転職活動で老人保健施設にも見学に行きました。所謂「老健」です。老健では在宅復帰を目標とした場合、入所から3ヶ月は短期集中リハビリテーションとして1週間に3回〜毎日リハビリを行うことができます。

臨床実習で老健に見学に行った際は、時間の流れがゆったりしており、のんびりリハビリをしている印象を持ちました。

しかし、転職活動中の老健の見学ではイメージがガラッと変わりました。臨床実習のように、ゆったりとした印象ではなく理学療法士が忙しく働いていました。

私の印象が違ったため、見学の担当者に質問させていただくと、入所者1人に対して20分の個別リハビリを18人実施しているとのことでした。1人対する関わりは少ないですが、1日に多くの利用者に関わるため、私には忙しく働いているように映ったのです。

さらに、入浴やトイレ動作など、ケア業務の補助もすることもあるとのことでした。在宅復帰を目的のリハビリを行う回復期病院は、1人の患者さんに関わることのできる時間が限られるため、時間を上手く調整することが難しい理学療法士は慣れるまでは、大変かもしれません。

また、のんびりと高齢者と関われると思って入職するとイメージと違うことがあります。見学に行く施設によって環境は異なるため、どの程度の業務量なのか担当者に質問することが重要です。

働きやすい病院や施設を見極めるポイント

働きやすい病院や施設を見極めるポイント

転職活動で複数の病院や施設を見学に行く際、どこを見ればよいか、どんなところを意識して質問すればよいかわかれば有意義な見学になります。

見学すればわかること、見学した際に質問すればわかること、見学しても質問してもわからないことがあります。知らなければ気づくことはできません。ここでは働きやすい病院や施設を見極めるポイントを3つ解説します。

ポイント①:環境・設備

私は総合病院から整形外科クリニックに転職しました。現在勤務している整形外科クリニックに見学に行ったときのことです。

まず驚いたのは、物理療法機器や運動療法マシンの数です。総合病院にはない機械やマシンが設備されていました。それは、総合病院が入院患者さんのリハビリを主に行なっているのに対し、整形外科クリニックでは外来リハビリに力を入れていることが理由として考えられます。

また、整形外科クリニックは総合病院よりも身体機能が高く、年齢層も若い患者さんが多いという特徴もあります。物理療法機器や運動療法のマシンは高価なものが多いため、設備が整っているということは、病院側としてもリハビリの重要度を高く考えていると推測できます。物理療法機器以外にもエコー診断装置を導入しています。

整形外科領域のリハビリでは、エコー画像で損傷組織を観察しながら、拘縮や炎症の原因を探りながら、理学療法を展開する方法が主流になりつつあります。

総合病院にはエコー診断装置はなく未経験であり、まだまだ勉強中ですが新たな技術を身につけられる喜びがあります。転職活動における施設見学では、リハビリに関連する設備がどのくらい充実しているかが転職先を選ぶポイントになります。

ポイント②:給料と休日

転職活動で整形外科クリニック、訪問リハビリ、老人保健施設を見学した私は、最終的に現在勤務する整形外科クリニックに転職しました。入職してからもう少し詰めておけばよかったと思った点が、「給料面」です。

求人内容には「入職してから3ヶ月試用期間あり条件変更なし」と書かれていました。ここで同条件であれば、問題ないと思いました。同条件とは言うものの試用期間に変わりはないため、夏の賞与は支給されませんでした。これは見学や面接の際に自分で確認していませんでした。

確認されないことに関しては、先方から話してくれないため、自分で気づくしかないのです。さらに試用期間の基本給は同条件でも、住宅手当や扶養手当は入らない場合もあります。同条件がどこまでなのかしっかり確認する必要があったと反省しました。

休日に関しては、有給休暇が入職時から使えるかどうかを確認したほうが良いです。求人内容に「有給年間10日から」と記載されていたとしても、有給が4月から使えるのか10月から使えるのかでは話が変わってきます。

有給の使用できない期間に体調を崩して休んだり、子どもの都合で休まなかったりしなければならない場合があると、欠勤になるため収入が減ってしまいます。これも事前に知らされる場合もあれば、こちらが聞かなければ知ることができない場合もあります。

確認しておくと「こんなはずじゃなかった」という後悔を減らせます。

ポイント③:人間関係は見学ではわからない

入職前の見学で、人間関係の良し悪しを判断することは難しいでしょう。見学で案内してくれる方は、リハビリ科の責任者や人事の担当者であり、その病院や施設の概要や患者層は、ある程度掴めるかもしれません。

しかし、人間関係に関しては「人間関係はよいですか?」と質問して「悪いです」と答える方はほぼいません。これは人間関係が本当によいのか、悪いところもあるが隠しているのかということではなく、部署の責任者として把握している範囲で悪いところはないということでしょう。

見学という限られた時間で、責任者以外の他の職員と関わる機会はほぼありません。そのため、見学で人間関係を把握することはできず、雰囲気を味わうことができる程度です。

また、病院でも高齢者施設でも現場で働く人は、理学療法士だけではありません。リハビリは医師、看護師、介護福祉士、ソーシャルワーカーなど多職種の関わりの中で患者さんの社会復帰を目指します。

そのため、他部署との関わりは必ずあって、リハビリ科のトップであっても他部署の人間関係まで、すべて把握するのは難しいでしょう。人間関係は入職してからでなければ作れません。

人間関係に悩んで転職を考えている方は、どんな職場にも自分に合う人もいれば、合わない人もいるという認識を持つことが大事です。

重視すべきは「人間関係」それとも「やり甲斐」「給与」?

重視すべきは「人間関係」それとも「やり甲斐」「給与」?

私は20代と30代で計2回の転職を経験し、現在勤務する整形外科クリニックに至っています。そこで20代と30代では転職に対する考え方が少し異なると感じました。

それは、自身が置かれる立場や状況が異なるためです。独身の頃は、転職は自分だけの問題として捉えられますが、家族を持つと自分だけの問題ではなくなります。

以下にどのようなことを重視すべきか解説します。

20代:やりたいことを優先する

私は、20代でそれまで勤務していた一般病院から総合病院に転職しました。それが初めての転職でした。一般病院で回復期病棟と外来リハビリを経験した私は、急性期や内科系疾患のリハビリを学びたいと考え。総合病院に転職しました。

このときは、給料や休みよりも自分のやりたいこと、学びたいことができる場所を優先して選びました。理学療法士としての経験年数も浅く、独身だったこともあり、自由に選択することができました。

総合病院で学んだ知識や経験は、現在にも活かされているため、良い選択をしたと思っています。ただ一度目の選択は、とにかく自分のやりたいこと、理学療法士として成長できる選択することを1番に考えたものでした。

給料や休みの優先度は低かったかもしれません。独身であれば自己の思いを優先すればよいですが、家庭を持つ者にとっては、転職は自分だけの問題ではありません。やりたいことだけで、その他が付いて来なければ家族に迷惑をかけるかもしれません。

また、勤務地に関してもどこに住むかこだわりのない方であれば問題にはなりません。家庭を持つと生活の拠点が決まるため、勤務地を県外に変えるなどの大幅な変化は難しくなります。

個人的には20代で独身であれば自身のやりたいことを優先した転職で良いと考えています。

30代:20代より自由な選択はできない。複数の転職先を見て比較すること

30代で二度目の転職をして、現在の整形外科クリニックに勤務するようになりました。二度目の転職では、結婚して家庭を持っていたということもあり、一度目の転職のときほど自由に選択はできませんでした。

子どもが小さい家庭は尚更です。私の家庭では夫婦共働きということもあり、家事・育児はお互いの協力が重要です。そこで通勤の時間をかけないことが、転職先を決める上での条件の一つでした。

転職エージェントの担当者には、通勤時間20分圏内で探していただきました。

また、給料が極端に減ったり、休日が少なくなったりすることも家族の負担になるため、細かく条件を出していました。一度目の転職では細かく考えていませんでした。条件が多いほど転職先は限られるということは念頭に置いてください。

通勤時間が短く、給料や休みが多い職場はだれもが選びたいものです。理学療法士という専門職である以上、給料や休みも大事ですが、同じくらいやりがいも大事です。

勤務地の範囲が広げられない中で、どれだけやりがいの見出せる転職先を選ぶかも、重要なポイントです。私は転職先に求めるポイントを一つに絞ることはできませんでした。

私のように複数のポイントがある方は、いくつかの病院や施設に見学に行って比較することが必要だと思います。

見学で比較してから、現在の勤務先を選んだ結果に後悔はないです。

まとめ

理学療法士が転職活動する際、複数病院・施設を見学し比較すべきポイントとして、「ネット上の情報を鵜呑みにしてはいけない理由」「働きやすい病院や施設を見極めるポイント」「年代別に重視するポイント」について解説しました。

転職活動をする場合、元々個人的に繋がりのある病院や施設や、知人の紹介のような形でない限り、転職先の情報はほぼ知らない状態からスタートします。

情報を集める方法やネットや転職サイトを使うと簡単ですが、その中から有益な情報が得られるかどうかは、転職活動を行う本人次第です。何が重要か自分で見極めるしかありません。転職に意欲があり、興味のあること、譲れない条件が決まっている方は、ネットの情報だけに頼らずに実際の現場を見ることが重要です。

転職してから本当に自分がその職場で働くことが、イメージできれば候補に上げるべきです。総合病院、整形外科クリニック、老健、訪問リハビリのようにある程度分類することはできます。

しかし、同じ整形外科というカテゴリーでも「A整形外科」と「B整形外科」は全く異なる環境です。最終的には自分の感じたもの信じて選択することになります。

感性を磨く上でも見学は必須なので、気になる転職先があれば積極的に現場を見てみることをおすすめします。

この記事を書いた人

yasuo
さん

30代の男性で二児の父。現在は整形外科クリニックに勤務。外来リハビリ中心のクリニックで肩関節周囲炎や腰椎椎間板ヘルニア、交通外傷の患者さんなどを担当。入院では主に腰椎圧迫骨折や大腿骨頚部骨折の手術後の患者さんのリハビリを行う。

経歴

  • 2009年理学療法士資格を取得
  • 2009~2013年:内科と整形外科のある一般病棟、回復期病棟、外来リハビリ部門のある病床数150床の一般病院
  • 2013~2020年:急性期病棟、回復期病棟、外来リハビリを持つ病床数300床の総合病院へ転職
  • 2020年~:病床数19床の整形外科クリニックへ転職

資格

  • 理学療法士

質問があれば気軽にコメントください

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました