副業「未経験」の理学療法士が伝えるおすすめの副業6選!おすすめの副業とは?

リハビリセラピストの働き方を考える
副業を考えるPT
副業を考えるPT

給与が上がらず、家庭のことを考えると数万円でもいいから手元に入るお金を増やしたい。副業に興味があるけど、未経験でも出来るおすすめの副業を知りたい。

今回ご紹介する副業のいくつかは私も実践しています。

副業をはじめて、約1年半。副業の月間報酬金額は8万円に成長しました。ぜひ、参考にしてみてください。

記事のテーマ
  1. 理学療法士にとっておすすめの副業とは?
  2. 副業にかかる月間の作業時間
  3. 副業で得られる月間の平均報酬金額
  4. 副業における注意点

質問があれば気軽にコメントください

理学療法士におすすめの副業とは?

理学療法士におすすめの副業とは?

2019年4月に働き方改革が本格的に推進され、副業が解禁される企業も増えてきました。

理学療法士を取り巻く環境も様変わりし、「副業を始めた」「副業に興味を持っている」という人も多いでしょう。理学療法士が副業に興味を持つ理由の1つが給料面だと考えられます。

給与の底上げの為に副業をするケースもある

理学療法士は確かにやりがいのある仕事ですが、「平成30年賃金構造基本統計調査」によると平均給与は約408万円(平均年齢32.9歳・残業代・賞与込み)です。

これは給与所得者全体の平均年収432.2万円(平均年齢46歳・残業代・賞与込)に比べるとかなり低いです。

参考平成30年賃金構造基本統計調査

少子高齢化に伴い社会保障費は増大する一方であり、リハビリの加算は年々厳しくなっています。私達の給料は医療や介護保険の報酬から支払われている以上、国の方針によって給与のあり方は大きく影響を受けるのが現状です。

理学療法士の数がどんどん増えている昨今、報酬が劇的に上がることは考えにくく、理学療法士の給料が大きく増える事は難しいでしょう。

「理学療法士としてずっと働いていきたいけど、結婚して子どもも出来ると、このまま給与が増えないのは厳しい」

そう考える人が副業に興味を持つのは当然の事だと思います。

理学療法士だから出来る副業もある

ただ副業はネガティブな事ばかりではありません。理学療法士は身体面の専門職です。アンチエイジング・ストレッチ・転倒予防等、世の中の人々が求めている知識を私達は持っています。

私達が病院や施設という一つの職場だけに留まるのではなく、副業という立場から理学療法士の知識を発信するのは、理学療法士の地位を高めていく上では大切です。

おすすめの副業ランキング

おすすめの副業ランキング

理学療法士の地位を高めていくために、今回は飲食店やレジ打ち等のアルバイトではなく、理学療法士としての知識を活かした副業を紹介します。

今回は金額ではなく、手軽に取り組めるという観点から、それぞれ副業をランキング形式で発表していきます。

第1位:ブログの開設

  1. 月間作業時間:76時間(1日2時間、休日に4時間と計算)
  2. 月平均報酬 :0円~1万円(※後に増える可能性あり)

個人が在宅で始められる副業の代表的なものがブログの開設です。ブログによる収入というのは、ブログに掲載される広告収入で稼ぐ事を指しており、①クリック報酬型の広告(Googleアドセンス)と②果報酬型の広告(アフィリエイト)があります。

①についてはネットでサイトを見た時に表示されている広告をクリックした時に、そのサイトの運営者に報酬が支払われるというものです。

②についてはブログを訪れな読者が広告をクリックして商品やサービスを申し込んだ時に報酬が支払われるものです。

実際に理学療法士 ブログと検索すると様々なサイトがヒットし、一定の収入を得ている事が示唆されます。

ブログのメリットとしては初期投資がほぼかからず、月のサーバー代は1,000円程。時間に余裕のある時に、書き物をするという感覚で始められる点が魅力です。ただここで紹介したものの中では、最初に発生する収益が最も少ないのがブログです。利益を得るには、まずは半年から1年は書き続けなくてはいけません。

「ブログを続けたら月に○万円の収入を得た」と紹介するサイトもあるものの、実際の収益は以下の通り。5000円未満が54.6%、無収入は29.7%というデータもあります。

参考ブログで稼ぐ仕組みと具体的方法を公開!広告収入の大事な考え方も|ブログって簡単に稼げる?

ブログ開設者の大半はほとんど稼げない事が分かります。それでもブログをおすすめするのは、先ほどの設備投資がかからない点以外にも、(1)一度書いた記事は自分の資産として残り続ける、(2)外で仕事をするわけではないので、職場にばれにくい、(3)理学療法士の経験も活かせる、などが挙げられます。

補足としてお伝えするなら、1万円以上の収入が39.3%、10万円以上の収入が21.4%となっており、収入が発生し始めると額が増えるのは早いと言えますね。

実際にブログを行うと、ブログを入稿するWordPressの知識、SEO(ネットの上位に検索される為に内容を最適化する事)の知識等、覚える事は多いです。

ブログの書き方や、上位のサイトに食い込む為の方法は他のサイトに任せるとしても、ブログによる収入が大きな可能性を秘めている事は間違いありません。

第2位:クラウドソーシング

  1. 月間作業時間:76時間(1日2時間、休日に4時間と計算)
  2. 月平均報酬 :5万円~7万円

クラウドソーシングとは「インターネット上で企業や個人が不特定多数の群衆に業務を発注する」事です。有名なのはランサーズやクラウドワークス等の会社であり、登録する事で、それぞれのサイトで募集している仕事に応募が可能です。

クラウドソーシングではアプリ開発等の専門分野もあるものの、記事作成の依頼も多々あります。記事の分野もドラマの感想や、旅行等のアウトドア系、転職の経験談から、理学療法士の知見を求められるものまで様々です。システム系の知識があるなら是非挑戦して欲しいですが、基本的に私達理学療法士が取り組むのは記事作成ではないでしょうか?

実体験として、私も令和1年5月号からクラウドワークスに登録。理由はその半年前かに子どもが生まれたからでした。現在も理学療法士として働きつつ、記事を作成しています。令和2年10月時点では数名のクライアントと契約を続け、月の平均収入は6万円。副業としては十分な範囲だと思います。

クラウドソーシングのメリットとしては、記事等の契約がそのまま収入に直結する事です。ブログについては半年から1年書き上げても、収入になり得ずに心が折れるかもしれません。私は理学療法士や介護分野の記事の他、趣味である音楽や日本史、経済史の記事を作成して収益を増やしてきました。理学療法士の知見を活かす記事も多数募集されています。

反対にデメリットとしては意外と激務という事と、最初はなかなか契約が取れない事でしょうか。文字単価1円で5000文字の記事を書くとしても、慣れないうちは大変ですし、クライアントの要望に応えなくてはいけません。手直しや画像挿入、WordPressに納品すると更に時間がかかります。

更にクラウドワークスに登録したての頃は実績もない為、他の経験豊富なクライアントに契約を取られる事も多々あります。応募を根気よく続けるか、報酬の安い仕事(文字単価0.2円等)を続けて実績を積み上げる事も必要です。

ちなみに文字単価とは1文字につき貰える金額の事ですが、これがかなり重要になります。同じ5000文字の記事でも文字単価1円なら5000円。0.2円なら1000円にしかなりません。実際仕事をしながら1日で5000文字の記事を書き上げるのは大変です。

文字単価1円で5000文字の記事を2日に1本のペースで書き上げるなら、2500円×30日で7500円。しかしこれが文字単価0.2円の場合は500円×30日で15000円になり、相当の開きが出来ますね。

クラウドソーシングも自分の得意分野や戦略が必要になるものの、自宅で簡単に取り組める点、収入がすぐに反映される点は大きな魅力です。いつかクラウドワークスで私がどのような経過を辿ったのかも紹介したいところです。

第3位:訪問リハや通所リハ等の非常勤アルバイト

  1. 月間作業時間:28時間勤務
  2. 月平均報酬 :1,300円×28時間=36,400円

普段勤務している職場が休みの日に、他の施設で非常勤として働く形態です。例えば通所リハや通所介護、訪問リハ等の分野は人手が足りず、「1日でも良いから働いて欲しい!」と考えている法人もあります。

医療保険と介護保険、急性期と生活期では求められる理学療法は異なってきます。あなたがもし病院で勤務しており、週に一回でも訪問リハ等で働く事は大きな経験になるでしょう。極端な話転職するきっかけになるかもしれません。

副業先は求人サイトで見つける他、職場や学校の同期、教員等のツテ等があるでしょう。求人サイトの場合は給与面が事前に分かりますし、知り合いの紹介なら職場の雰囲気も分かりやすいでしょう。

最大の問題点は、自分が勤務する職場から副業の許可を貰えるか否かです。ブログやクラウドソーシングと異なり、非常勤アルバイトは職場間とトラブルを防止する為にも、自分の職場と話し合いをしましょう。仮に職場で副業が禁止されていても、経験を積みたい事を前面に押し出せば許可が貰えるかもしれません。

私は通所リハで勤務していますが、通所介護で働く同級生から週1日だけ非常勤で来れないかと相談された事があります。ただ私は断らざるを得ませんでした。私の勤務先は日曜休みは固定で、月~土のどこかが休みのシフト制であり、通所介護からは土曜日の勤務を希望していたからです。

非常勤アルバイトは一度許可や勤務が可能になれば、理学療法士として働く事に変わりはないのでブログ等よりは段取りはスムーズです。もしツテや職場から同意が得られるなら、おすすめの副業でしょう。

第4位:スポーツトレーナー

  1. 月間作業時間:時間勤務(週3回×3時間 +週1回×7時間 を4週間と計算)
  2. 月平均報酬 :1500円×40時間=60000円

理学療法士の人気のある分野として、スポーツトレーナーが挙げられます。ただ現実は病院や施設の求人が多く、トレーナーとしての求人は少ないです。過去に部活やサークルをしていた人にとっては、一度働いてみたい分野かもしれません。

主な副業先としてはフィットネス施設やスポーツクラブ等が挙げられます。後は理学療法士は日中に働く事がほとんどですし、基本的に副業は平日の夜間か、土日という事になります。これらは社会人の為に夜のレッスン等を設けているので、意外と職場と兼務は可能です。土日は休日の社会人が多く、いつもより人員も必要になるので需要も高いです。

問題点としては、やはり身体を使う副業なので体力的に大変な点でしょうか。本業を18時に終わらせ、晩御飯も程々に19時から22時まで勤務をし、翌日にはまた副業。そう考えた時に、体力が持つように体調を整える必要があります。特にストレッチや指導は理学療法士も身体を動かす為、ブログ等のデスクワークに比べると翌日の負担も残るかもしれません。

ただ理学療法士は身体の専門家であり、スポーツ分野では貴重な人材なので求められる事は多いでしょう。特に介護分野で働く理学療法士にとって、スポーツという分野はあまり体験出来ません。経験を増やす上でもスポーツトレーナーはおすすめです。

第5位:セミナーや勉強会

  1. 月間作業時間:2時間(レジュメ等の準備が必要)
  2. 月平均報酬 :8,000円~

セミナーや勉強会の講師として招かれ、その報酬を副業としている理学療法士もいます。もちろん理学療法士は日々勉強が必要なので、生半可な知識では教える側にはなれません。ある程度の臨床経験、役職、研究成果を出すなどして、「この人のセミナーに行きたい」「講師として招きたい」と思わせないと、そもそも声がかかる事はありません。

その為、セミナーや勉強会の講師はかなりハードルの高い副業と言えます。ただ一度良い結果を残せば次の講師に招かれるでしょう。理学療法士として経験を積んだ先にある副業として視野に入れておくと良いかもしれません。

番外編:youtubeチャンネルの開設

  1. 月間作業時間:60時間(1日2時間×30日と計算)
  2. 月平均報酬 :不明(10万円以上の可能性もある)

最後に番外編として、私が最近取り組んでいる事をお伝えします。それがyoutubeチャンネルの開設です。これらは私1人で立ち上げているものではないので、この場で内容や動画を掲載する事は出来ません。

ただyoutubeも再生回数が増えればその分の収益が発生します。収益化の条件としては、(1)チャンネル登録者1,000人以上、(2)年間再生数4,000時間です。

この条件を達成すると、改めて動画に広告が掲載されます。その広告費がいわゆるYouTuberの収入であり、ブログによる収入と根本は同じです。

ただ名だたるYouTuberとは異なり、再生回数10万回(これでも十分凄いのですが)で、収益は5000円から1万円と、なかなか大変なのが現状です。最近ようやく収益化が出来たものの、それだけで本業を超える事は難しいのが現状です。

動画は違反でもしない限りは残り続けます。根気よく動画を投稿し、どれかがヒットすれば、他の動画の再生回数にも繋がるでしょう。いつしか大きな収入になりうるのです。

今回は番外編としてYouTubeによる動画解説を紹介しましたが、皆さんも趣味や特技があるでしょう。

例えば小物作りが趣味なら、それをネット等で販売する事で収益が発生します。アウトドアが好きならそれを動画投稿する等、趣味が副業になるかもしれないのです。自分に何が出来るのか、一度立ち返ってみましょう。

【注意】副業をする上で気を付けるべきこととは?

【注意】副業をする上で気を付けるべきこととは?

理学療法士としての経験を活かせる副業(番外編を含む)を解説しましたが、気をつける事があります。それはあくまで本業がメインという事です。こちらの項目では副業をする上で注意する事について解説しますね。

その②:職場との折り合いをどうするか

働き方改革により副業が解禁された職場は多いものの、未だに禁止している職場は多いです。訪問リハは比較的許容されていますが、病院では未だに禁止というところも多いです。「副業禁止でありながら、給料も上げてくれない」そうなれば、こっそりと副業するのも仕方がないと私は考えます。

副業は大きく分けて、(1)ブログやクラウドソーシング等、自宅で行うものでバレにくいもの、(2)非常勤アルバイトやトレーナー等、外部に出て行うものがあります。(1)についてはそもそも副業とみなされないケースもあり、こっそり行ってもバレないと思います。勿論税金によりバレるケースもあるので、その点は後からお伝えします。

問題は(2)の外部に出て行うものです。もし副業先でトラブルが発生した場合、確実に本業の職場にもバレる為、後々で問題になりかねません。理学療法士として経験を積みたいと考えても、「同業者だから情報を漏洩されても困る」と断られるケースも考えられます。

一言伝えるなら就業規則に副業は禁止と書かれていても、個人の自由を職場が縛る事は出来ません。公務員でもない限りは勤務時間外に何をしても問題はありません。その為、副業も突き詰めれば問題はない・・・という事にはなるのです。

ただ職場の目や風当たりが強くなるかもしれませんし、(2)のタイプの副業については上司に相談する方が賢明でしょう。

その②:確定申告を行う

副業が軌道にのると考えなくてはいけないのが確定申告です。確定申告とは1年間の所得をまとめて所得にかかる税金を報告する手続きの事です。副業が20万円以上になると確定申告をする義務が発生します。

以前こちらの記事で、確定申告の必要性について詳しく紹介したので参考にしてください。

参考副業で訪問リハビリはアリかナシか?108単位や確定申告など副業における注意点を紹介

副業先で源泉徴収をする場合は、自分で確定申告をする必要はありません。ただ職場の給与に加えて副業分の給与が合算されて住民税が決定される為、職場の経理から「急に住民税が増えた?」という点から、副業をしている事がばれてしまいます。

その為、副業分の確定申告は自分で行い、副業分の税金については自分で納付を行う事で職場に副業をしている事をバレないようにするのです。

副業をする際にはこれらの税金の知識が必要な事も覚えておきましょう。

その③:誰にも言わない

「ブログのアクセスが伸びた」「非常勤アルバイトが順調」など、副業が順調だとしても基本的に職場に言うのはやめましょう。噂はあっという間に広まるので、上司や事務に話が伝わるかもしれません。

仮に「あなただけ非常勤アルバイトを認める」となっても、職場としては皆が副業すると困るはずです。職場の信頼を得る事、トラブルを起こさない為にもあまり副業の事を公にしない事が得策です。

その④:体力的に無理しない

あなたの職場が副業を禁止していたとしましょう。その大きな理由は「労働時間の管理・把握が困難」「社員の長時間労働を助長してしまう」からです。労働時間が増えて疲労が蓄積すると、本業で致命的なミスをするかもしれません。特に理学療法士は医療職。1つのミスが取り返しのつかない事になります。

副業についてはあくまでも副業と考え、無理しないよう注意しましょう。

まとめ

今回は理学療法士としてのおすすめの副業について解説しました。ブログやクラウドソーシングの他、専門性を活かした他の職場へのアルバイト等、理学療法士が活かせる分野は多い事が分かります。興味のある副業を調べた上でチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今回の記事が、あなたの副業への開拓に繋がれば幸いです。

この記事を書いた人

匿名のY
さん

介護業界で理学療法士として働いている1児の父。地元の理学療法士の大学に進学し、地元に就職。現在は通所リハと訪問リハを兼務。通所内の送迎等の業務、地域の体操教室の参加、リハビリテーション会議の予定調整等、様々な業務を並行して行っている。

経歴

  • 専門学校の理学療法学科 2012年卒業
  • 2013年~2015年:老人保健施設に就職
  • 2015年~現在:通所リハ医院に転職

資格

  • 理学療法士

質問があれば気軽にコメントください

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました