採用担当が教える言語聴覚士が転職面接に失敗しないための攻略法

リハビリセラピストの働き方を考える
中途採用面接が苦手なST
中途採用面接が苦手なST

新しい職場に転職したい。なんとか頑張って面接の日程は決まったけど、面接ではどんなこと聞かれるのか知りたいな。面接でアピールする方法とは?どんなこと聞かれるの?病院の面接ってどんな雰囲気なの?色々と教えて欲しい。

転職活動には不安はつきものです。そして、面接日が近づくにつれ、その不安は日々増していきます。面接の攻略法ってあるのでしょうか?実際に転職に成功した人たちの話しを聞くと、その多くは面接に手ごたえを感じていたそうです。

面接が上手くいく人といかない人。この差は一体何だと思われますか?

今回は、公立病院で面接担当者として言語聴覚士の採用面接に関わり、自身も転職経験のある筆者が面接の攻略方法を解説します。

記事のテーマ
  1. 面接担当者は面接に慣れている
  2. 面接で得するには上手な自己アピール
  3. 面接で聞かれることは決まっている

質問があれば気軽にコメントください

面接担当者ってどんな人?

面接担当者ってどんな人?

一般企業の場合、面接担当者は会社の幹部や人事担当者がそれに当たります。病院でも、基本は同じです。一般企業と違うところは、医療は専門職の集まりなので、職種の代表者も面接に同席します。

言語聴覚士が面接を受けるときは、リハビリ科内の役職者や言語聴覚士部門の代表者が同席して、採用の可否に関わることが多いようです。

病院幹部や現場役職者、責任者が多い

理事長や院長、事務長といった病院幹部、事務方の採用担当者が面接担当者となります。

リハビリ科内の責任者も同席しますが、言語聴覚士部門を代表する最適な役職者がいない場合には、理学療法士・作業療法士の役職者が面接担当者になることがあります。

面接担当者は面接慣れしている人が多い

医療職は他の業種と比べて転職者が多いといえます。同じ病院に居続ける人のほうが珍しいかもしれません。当然、病院の穿設担当者にとって、面接はごくありふれた出来事だといえます。

特に求人が盛んな病院では、面接は随時行われています。

目の前にいる面接担当者は、これまでに数多くの採用の可否に関わってきた、いわば面接慣れしている人たちだということを充分に理解したうえで、面接に挑みましょう。

応募の経緯で面接担当者の心構えも変わってくる

応募の経緯で面接担当者の心構えも変わってくる

応募の経緯で面接担当者の心構えが変わってくるのはご存知でしたか?面接担当者としては、事前に応募者の情報は欲しいところです。

もちろん、履歴書や職務履歴などは面接前に目を通しますが、応募の経緯によって、その情報量も違ってきます。

採用に関わった言語聴覚士だからこそ知っている、応募の経緯で面接担当者の心構えが変わる、その秘密を詳しくご説明しましょう。

転職先を自分で見つけた人の面接

転職者希望者の多くがこのケースになるかと思います。自分で転職先を探して、自分でアポイントをとって面接までたどり着きます。事前訪問のアポイントや面接日の調整など、採用担当者とは連絡を頻回に取り合う機会が多くなります。

そのため、信頼関係は成立しやすいと言えます。第一印象は大事です。信頼関係を築くためにも、丁寧な電話対応を心掛けましょう。

特に採用担当者がリハビリ科内のスタッフの場合、将来の上司や先輩にあたる人です。良い印象付けが、成功する転職への第一歩となるでしょう。

縁故で転職先を見つけた人の面接

アドバイザーの紹介で元実習先に転職する、そうしたケースが該当します。また紹介者が友人や親族、というケースもあります。

紹介者である人物が転職先にいるので、事前情報は比較的多く、採用担当者にとっては、面接を進めやすくなります。

注意点として、紹介者に失礼の無いような面接を心がけることです。もし、残念なことに内定がもらえなかったとしても、紹介してくれた方にはお礼を伝えましょう。

転職サイトを利用した人の面接

仕事をしながら転職をする人にとって、転職サイトは大変便利な存在です。しかし、多くの転職サイトでは、内定が決まるまでの間、転職希望者と採用担当者とが直接連絡を取り合うことを禁止しています。

そのため、面接の日程調整や急なスケジュール変更も、担当エージェントを介して連絡を取り合うことがルールとなっています。採用担当者としては、直接連絡できないので二度手間三度手間となり、正直なところ面倒なシステムかもしれません。

採用担当者のことも考え、転職サイトに登録するときは、自身のプロフィールはしっかり記載し、転職までのスケジュールは余裕を持つようにしましょう。

また、事前訪問が可能かどうかも担当エージェントに聞いておくことをお勧めします。

転職を考えているなら、まず最初に転職サイトへ登録しましょう。自己PRや志望動機の作成、模擬面接で転職活動をサポートしてくれる「PTOTキャリアナビ」がおススメです。

中途面接で得する言語聴覚士とは?

中途面接で得する言語聴覚士とは?

面接は自己アピールする場所です。限られた時間内で、いかに面接担当者に自分をアピールしていくかが成功のカギとなります。

その一方、面接で思わぬ失敗をしてしまい、希望の転職が叶わなかった、損する人がいるのも事実です。その違いはどこにあるのでしょうか。

まずは、転職を成功させる「面接で得する人」の特徴をご紹介します。

得する人の特徴①:マナーが良い人

病院での面接マナーは、一般的企業の面接時と変わりません。病院だから病院独自の面接ルールなんて存在しません。

最初の挨拶から始まり、声のトーンや強弱、表情など面接担当者はしっかり見ています。相手に興味を持ってもらうためにも、まずは第一印象で得しましょう。

得する人の特徴②:即戦力のある人

即戦力があるかどうかを見極めるのはリハビリ部門の面接担当者です。そのため、診療報酬や介護保険など制度に関することを具体的に聞かれるかと思います。

前職での経験をこうした制度を交えながら、自身の経歴を紹介していくと即戦力のアピールにもつながります。

得する人の特徴③:下調べをしている人

病院の理念や地域活動はもちろん、法人が運営する関連施設などはしっかりと下調べをしておきましょう。また、その地域の医療資源や医療体制も事前に調べておくと良いでしょう。

入念に下調べをしておくと、「何か聞きたいことはありませんか?」という面接担当者からの逆質問に対し、的確な質問をすることができ、相手に好印象を残すことができます。

得する人の特徴④:相手に興味を持たせる人

職務履歴書には前職での言語聴覚士としての業務の他、関わってきた院内の仕事はしっかり記載します。

例えば、NST委員に入っていたことを記載しておくと「NST委員はどのようなことをしていたのか?」「ラウンドはどうでした?」など興味をもって聞かれるかもしれません。

面接担当の言語聴覚士も、他院の動向が気になるところです。職務履歴書できっちり得しましょう。

中途面接で損する言語聴覚士とは?

中途面接で得する言語聴覚士とは?

では反対に「面接で損する人」とはどんな人でしょうか?

答えは自己アピールが下手な人のことを言います。それでは、次に「面接で損する」自己アピールが下手な人の特徴を挙げてみます。一つでも心当たりのある人は、要注意ですよ。

損する人の特徴①:自信の無い人

質問した相手の目を見ない、声が小さい、ネガティブな言葉が多い人は自信が無いと思われ、面接で損をします。また「えっと・・・」「その・・・」「あの・・・」などレスポンスの悪さはもちろん、口癖や落ち着きの無さなど面接担当者はしっかり見ています。

「緊張しているから仕方ない」とはいえ、あまりに自身の無さが目立つと面接では損をします。思い当たる方は、自信の無さを見透かされないように、想定問答を繰り返すといった面接のトレーニングが必要かもしれません。

損する人の特徴②:スキルマッチしていない人

成人を対象としている病院なのに、小児のことを延々話されても、「うちの病院、小児やってないけどなぁ・・・」と面接担当者に思われてしまいます。このような方はスキルマッチしていないと思われ、面接では損をします。

大事なのは、前職で得た経験やスキルを、どのように学び取って生かせるのかをアピールすることです。尊大で一方的な自己アピールなんて大損ですよ。

また「経験が無いので・・・」「できるかどうかわかりません・・・」と言われちゃうと『そんな人は雇えません:』となります。面接を前に、改めて自分のスキルを見つめなおす機会が必要かもしれません。

損する人の特徴③:協調性が無さそうな人

入職すると面接担当者とは、上司・部下、先輩・後輩の関係になります。当然、採用する側としては、トラブルメーカーになりそうな人物は避けたいのは当然です。

仕事を頼みやすいか、指示に従ってくれるか、きちんと報告はしてくれそうか、など面接担当者は五感を使って人柄を掴み取ろうと面接を進めていきます。

挨拶や表情から始まり、質問には誠実に答えているか、質問の意図に沿って答えているか、など様々な面から協調性の有無を判定していきます。

損する人の特徴④:逆質問に失敗する人

いよいよ面接の終盤。「何か聞きたいことはありますか?」という質問が飛んできます。面接担当者からの逆質問は必ずあるので、事前に準備しておきます。

一言「何もありません」では良くない印象で、面接では損をします。

「これまでの説明は、大変わかりやすかったです」「今まで以上に魅力を感じるようになりました」など自分の言葉できちんと返しましょう。

もし質問がある場合、その際には相手を選んで質問します。院長や事務方にリハの具体的なこと聞くのはお門違いですよね。その場にいる面接担当者が答えやすそうな質問をすることが、失礼のない逆質問です。個別の質問は個別にしましょう。

調べて分かることも聞いてはいけません。私が面接担当者をしていた公立病院でのエピソードです。

ある職種の面接時、最後の逆質問で院長に「貴院の病床数は?」と聞いてきた強者がいたそうです。採用担当者らの間でかなり話題となりました。

面接のやり方は病院によって違う

面接のやり方は病院によって違う

おそらく、一般の医療法人では面接に関する細かい規定は明確には決められていないと思います。

一方、公立病院の場合、設立主体は自治体や公的機関なので、面接の手順が細かく規定されています。それでは、一般の医療法人と公立病院とにわけて面接のやり方について解説していきましょう。

一般の医療法人の場合

一般の医療法人の場合、面接場所は様々です。院長室、会議室だったり面談室だったり…。外来の合間に診察室で面接を受けた転職者もいました。

また、最初にリハビリ役職者だけで面接をおこない、その後に院長や理事長を交えて面接するケースや、一次・集団面接と二次・個別面接と別々の日に実施するケースもあります。どのような形での面接になるのかは情報収集をしておきましょう。

私が今の職場に転職したときは、応接室で待つ私のところに突然、院長が入室し「じゃあ頼むよ~」とだけ言い残しそのまま部屋から出ていきました。10秒足らずで終わった面接に拍子抜けしました。

公立病院の場合

公立病院の場合、民間の医療法人とは違い面接に関して細かい規定があります。

私が面接担当をしていた公立病院の場合、面接の日取りや手順があらかじめ公示されて、その日にあわせて看護師やコメディカルなど多職種が流れ作業のように面接をしていきます。職種が変わるたびに、幹部職以外の面接担当者は慌ただしく入れ替わることになります。

また、公立病院の場合、採用による違いもあります。例えば、病院単独採用の場合、面接は院内で行います。法人として採用する場合は法人のある本部で行う、など面接場所に違いがあります。

自分がどの採用枠なのかを把握して、ホームページで確認しておきましょう。

参考言語聴覚士の求人が多いPTOTキャリアナビ

面接でよく聞かれる質問集

面接でよく聞かれる質問集

面接の前半は、一般企業の面接でも聞かれる定番の質問が多いようです。この定番の質問以外としては、趣味・嗜好に関する質問が前半に繰り出されることがあります。

「酒やたばこは?」「車好き?」「サッカーに興味ある?」など、リラックスさせる意図もあるかもしれません。こうしたくだけた質問は、院長や理事長といった病院幹部がする傾向があります。

それでは、私が面接担当者として実際に耳にしてきた数々の質問をご紹介しましょう。

面接官が病院幹部の場合、よくある質問

一般的な質問
  1. なぜ当院を選んだの?
  2. あなたの長所・強みは?
  3. なぜ言語聴覚士になったの?

こうした質問は、他業界の面接場面でも聞かれる、一般的な質問項目だと思います。面接に関する本や転職サイトでの面接対策などを参考にして、しっかり準備しておきましょう。

病院周囲の環境に関する質問
  1. 病院の周辺は歩いてみた?
  2. 〇〇市の印象は?
  3. 〇〇病院と比べて、うちの病院の印象は?

地域医療に関わることなので、周辺環境にも興味を持って欲しい、という面接担当者の気持ちが込められているようです。土地勘のない方は、事前に病院の周辺環境を調べておきましょう。

前職に関する質問
  1. 退職することで何か言われた?
  2. スムーズに前職は辞められるの?
  3. 前の職場は人間関係は良かったの?

病院には転職者が多くいます。そのため、このような前職に関する素トレートな質問が飛び交うことがあります。ストレートな質問に対しては、たじろぐことなく堂々と答えましょう。

転職後に関する質問
  1. 通勤時間はどのくらい掛かりそう?
  2. 転居はするの?
  3. 毎日の昼食はお弁当ですか?
  4. 子供の急病時は誰が対応するの?
  5. お迎えは大丈夫?

など、転職後について聞かれることがあります。生活パターンや家族関係を聞かれることもあります。土日出勤や残業に関することに関わってくるのが理由の一つでしょう。

小さなお子さんがいる場合には「子供の急病時は誰が対応するの?」「お迎えは大丈夫?」など具体的に聞かれます。女性が多く働く医療現場ならではの質問かもしれません。転職後の生活は安定していることを、アピールする必要があります。

面接官が言語聴覚士の場合、よくある質問

前職での業務内容や対象患者に関する質問
  1. 前職では一日何人くらいの患者を診ていたか?
  2. 介護保険に関することは?
  3. 摂食機能療法の算定状況は?対象疾患は?嚥下造影は撮っていた?
  4. 学生指導の経験は?

どの程度の即戦力があるのか、マッチングの度合いを知る上でも、こうした制度や実務的な質問をします。

また、嚥下障害の場合、アプローチの方向性やどこまで言語聴覚士が介入していくのかは病院によって大きく違ってきます。そのため私は嚥下に関しては入念に聞くようにしていまし た。

理学療法士、作業療法士、管理栄養士などの他部門の面接担当者からも、やはり同職種として実務的なことを質問することが多かったと聞いています。

地域士会の活動に関しての質問
  1. 士会は入会している?
  2. 地域の言語聴覚士会の活動にどれくらいの頻度で参加していたのか?
  3. 地域士会の活動に参加する意思はある?

積極的に地域の言語聴覚士会の活動に取り組んでいる病院の場合、こうした活動にどの程度取り組んできたのか、士会への入会の有無も含めて質問することがあります。未入会の場合、今後の活動に協力できるか聞かれるかもしれません。

面接よりも先に事前訪問やリハ科内面接をする機会があれば、そこで質問します。面接対策のためにも、事前にリハビリスタッフとは顔合わせをする機会を設けるようにしましょう。

転職ノウハウ事例集

採用担当が教える言語聴覚士が転職面接に失敗しないための攻略法
最短で介護士になるには?【資格不要】介護の知識や技術を身に付ける
介護歴11年目の私が感じる、重度認知症棟で働く介護福祉士のやり甲斐と苦労とは?
ショートステイは働きやすい?介護士2年と生活相談員3年経験して思う事
【体験談】ハローワークの職業訓練校で介護資格を取得するメリット3選

まとめ

転職希望者は、自分に合った希望の病院で仕事をしたいと考えています。一方、面接担当者も素晴らしい人材に入職してほしいと考えています。

つまり、転職希望者が上手に自己アピールをすることは、転職希望者だけでなく、採用する側にとっても大きなメリットにつながるのです。採用する側に自分を採用することのメリットを感じさせましょう。

そのためにも、自身のアピールポイントを整理して、上手くアピールすることが必要です。ぜひとも面接で得して素敵な転職活動にしてください。

この記事を書いた人

ひょっとこシゲタロ

児童施設、急性期病院を経て、今は海が見える地方都市の慢性期病院に勤務。療育施設勤務以外、臨床経験十数年の90%は嚥下障害。

経歴

  • 2006年~2008年:言語聴覚士国家試験に合格
  • 2008年~2010年:慢性期病院へ転職
  • 2010年~2015年:公立病院へ転職
  • 2015年~現在:小規模病院へ転職

資格

  • 言語聴覚士
  • 嚥下リハ学会認定士

質問があれば気軽にコメントください

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました